ブログ

2018.10.03

睡眠時無呼吸症候群が重大な問題となっているわけ  2018.10.3

家族のいびき、自分のいびき気になりませんか。
加齢と共にいびきの頻度は増加し、中高年の男性の60%、女性の40%に習慣性いびきがあり、40歳以上の習慣性いびきがある人は高血圧を合併する頻度が高いと言われています。

いびきはその「音」だけではなく、‟SAS”睡眠時無呼吸症候群や重度の合併症を引き起こすことがあるのです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは
睡眠中に舌(シタ)や軟口蓋(上あごの奥の柔らかい粘膜)が緩んで一時的に気道が閉塞されるため呼吸が停止する病気です。
呼吸は停止するのですが、脳が酸素不足と感知して、呼吸を回復するために目が覚めるのでまず窒息することはありませんが、この状態を一晩に何度も繰り返す事で睡眠不足による昼間の強い眠気や様々な病気を併発する事が分かってきています。

その様々な病気とは単に昼間の強い眠気だけではなく、放っておくと血中の酸素不足により心肺機能へ大きな負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞などの生命に関わる合併症を生じる可能性があるのです。

主な合併症として
1、脳梗塞
2、心筋梗塞
3、不整脈
4、高血圧
5、糖尿病

日中の眠気で交通事故を起こすことも‼
過去に山陽新幹線の運転手が運転中に眠ってしまって岡山駅を通り過ぎた事故もこの病気だったらしいです。

SASになりやすい体型はやはり肥満の方、首の短い方、下顎の小さい方に多く見受けられます。
そして私たちドクターは‟マランパティ分類“でも怪しい患者様は発見できます。

この症状はご自分でも、ご家族からの指摘でもわかります。

1、睡眠中のいびき(10秒以上の呼吸停止)
2、夜中に目が覚める
3、夜間の多尿
4、日中の極度な眠気、倦怠感
5、起床時の頭痛や頭重感
6、集中力、、記憶力の低下

このような症状があったら疑ってみて下さいね。

この治療法として、シーパップ(CPAP)というガスマスクのような装置を付けることがありますが、これは手軽ではなく、取れたり、持ち運びに大変という問題があります。
そこで中程度のSASでしたら、マウスピースをお勧めします。
従来でしたら、上下一体型(モノブロックタイプ)を使用していましたが、より快適に上下分離型のマウスピースを導入しました。
今まで、上下顎で顎を動かせなかったものが動かせるようになり、顎関節に負担が少なくなります。もちろん飲み込んだり、咳もできます。
内側に柔らかい素材を入れているため装置性が良く、着脱も簡単。
このようにCPAPはという患者様にオーストラリアで考案されヨーロッパ、アメリカで多く使われています、最近のマウスピース(Somono Dent Mas)上下完全分離型おすすめいたします。

いびきが気になる方、パートナーのいびきが気になる方、ぜひ相談に来てみて下さいね。

2018.08.17

BTAテクニック  2018.8.17

この方法はBTA(Biological Tissue Adaptation)の略。
生物学的な歯肉組織の適合のテクニックという意味です。

坪田 健嗣先生が20年程前に開発した治療法ですが私はレクチャーを受けて、実際に患者様に施術し大変喜ばれています。どんな治療法かといいますと…

左右バランスの悪い歯肉ラインと整え、バランスの良いラインにしたり、短すぎる不自然な歯を長く見せたり、歯肉見え過ぎ(ガミースマイル)を治したり、また1本や2本内側に入った歯を外側に出して美しく自然に仕上げます。
ジルコアセラミックで歯並びを簡単に整えるのにとっても有効な治療方法です。

通常は歯肉ラインを整えるために矯正治療で歯を移動させたり(これは期間がかかりますね)、歯肉を剥離して歯槽骨を削る歯冠延長術という外科手術をしたりと患者様には様々な負担がかかります。
時間的な問題、コストの問題、肉体的な問題など…。

この方法はそれをすべて解決してくれます。

BTAテクニックは、エレクトロサージェリー(電気メス)で1~3㎜程、歯肉切除を行ってその歯肉の厚みとほぼ同じ厚みにセラミッククラウンやラミネートベニアのマージン(縁)を作って装着します。
普通、歯茎は年齢と共にどんどん下がっていくのです、この方法ですとマージンの形に適合してずっと隙間のないままになります。
歯肉組織(上皮)がセラミックに適合してくることで歯肉溝や歯周ポケットはほとんど無くなり、最近の侵入が起きにくくなります。
これは病理学的、分子生物学的見地から実証されています。

歯磨きをよくする方が最近では多いのですが、歯ブラシで歯をゴシゴシ磨くと歯肉が退縮ししてしまったり、歯の付け根が楔状に擦り減ったと弊害が出てきます。
そのような場合、このBTAテクニックを使った歯肉は退縮を起こしにくくなります。
このように矯正をしなくても、自然な歯並びにできて、歯肉の形を綺麗に整え、歯肉が下がるのを抑えるテクニックは今後世界中の歯科医に広がりたくさんの患者様を幸せにすると思います。

この発明をした坪田 健嗣先生、研究された東京歯科大学病理学教授の下野 正基先生に感謝いたします。

2018.07.14

カリソルブ・ペリソルブ   2018.7.14

イエテボリ大学一日学校(日本スクーリング)を受講してきました。

これから歯科に革命を起こすスウェーデン式歯科治療です。
直接スウェーデンのイエテボリ大学歯科主任教授のピーター・リングストルム教授と、スウェーデン歯周病学会会長のステファン・レンバード教授によるレクチャーでした。
これからの時代はMI治療(minimalintervention:ミニマルインターベンション)といって出来るだけ健康な歯質を残す必要最小のう蝕除去方法が無痛治療と共に必要になってきます。
今回は衛生士の小林さんと一緒に一日大学に入講いたしました。
実際当クリニックでは今回のように爆発的に人気が出る以前に取り扱っていました。
一度販売中止になったのでホームページから消して、このカリソルブに代わるiconによる無痛治療を行っていました。またクリニックでも取り扱い、カリソルブでお願いします!という患者様が増えています。歯周病が部分的に進行している患者様で外科治療を行いたくない方はペリソルブ治療を行い患者様にとって優しい治療となっています。

さて、このカリソルブですがスウェーデンの歯科大学、工学大学そして複数の研究機関とメディティーム・デンタル社によって1987年より10年間にわたり研究・開発されました。一般臨床へは1998年よりスウェーデンを中心に導入され、私が取り扱っていた頃は世界47か国で臨床導入されていましたが現在はもっとたくさんの国で導入されていると思います。

このカリソルブ溶液は次亜塩素酸ナトリウムに3種のアミノ酸の混合液、塩化ナトリウム、カルボキシメテルセルロース、水、水酸化ナトリウムを加えたものでPHは「1」強酸性です。
次亜塩素酸にアミノ酸を加える事で起こる酸性化反応により、細菌に侵された有機質が殺菌され溶解するシステムです。
エナメル質などの無機質には影響を与えません。
有機質が多いと処理が容易、無機質が多いと複数回繰り返さなければいけませんので、時間はかかります。
つまりころっと大きな虫歯の場合は速い処置になります。

この混ざり合ったクロラミン製品は
①壊死組織を軟らかくする⇒壊死組織を除去しやすくする。
②健康な組織には影響を与えない⇒低侵襲性
③抗菌性⇒カリソルブを使用する部位を殺菌する。
④非毒性⇒アレルギー反応や歯髄への為害作用の報告はありません。

このようにカリソルブはタービンなどの音の出る機器を使用する頻度が少なくなり、音が嫌いな患者様におすすめです。
麻酔が嫌いな患者様も局所麻酔の使用が極めて少ないので安心です。
健康は歯質には作用しませんので再石灰可能な部分を保存することができる。
タービンの弱点をカバーします。静かな治療が可能になり、心理的な治療効果は大きいと思います。

ペリソルブは歯周病、いわゆる歯周ポケットをターゲットにしたものです。これも次亜塩素酸をアミノ酸に入れることにより起こる酸性化反応により細菌に侵された有機質が殺菌され溶解するというものです。
・バイオフィルムを溶かして上皮細菌を殺菌
・ピンポイントで強力な殺菌力、抗菌力を発揮
・歯周ポケットの菌に侵された上皮細胞を正常細胞へと入れ替える
・細菌に侵された部分(細胞)に作用し、健康な組織を損なわない。

カリソルブと同じベネフィットがあります。

下の5つのメリットがあります。
①歯周病ポケット中の細菌及び上皮細胞の中の細菌が殺菌され、スケーリングの時に有害菌が患者様の体内への
 侵入を防ぐことができます。
②スケーリングによる菌の飛散を防ぐ事が出来るので二次感染の予防ができます。
③歯石・歯垢が殺菌され取れやすくなるため患者様の負担も最小限で、術者の作業も容易になります。
④人体に無害なので安心です。
⑤健康な組織に影響を与えず、細菌に侵された上皮細胞だけを除去できます。

この虫歯と歯周病にやさしい治療方法はどんどん普及していくと思います。
ぜひ『カリソルブで!』『ペリソルブで!』とお声かけください。

講習が終わった後は喉がカラカラ…
衛生士・小林さんとさくっとビールでのどを潤して帰宅となりました。
明日からの治療に患者様の笑顔が増すと思うとわくわくです。

 

2018.06.18

乳歯の横の変なところから永久歯が生えてきた  2018.6.18

しばらく、エイジングのお話だったのでちびちゃんたちのお話をします。
クリニックにも永久歯と乳歯が生え変わる時に歯茎の横から永久歯が出てきて心配されるお母様たちがたくさんいらっしゃいます。そこで今回は生え変わりの時期についてお話します。

下の前歯
乳歯の直下にある永久歯が萌出し始めますと乳歯の歯根を溶かし始めます。
これを”歯根吸収“といいます。
一般的に乳歯の歯根吸収は2、3年程かけて少しずつ起こり最終的にはほぼ歯冠を残すのみになって抜け落ちます。
最初に起こる下顎乳歯中切歯の交換は早いお子様では5歳半頃から始まり、平均的には6歳過ぎとなります。
永久歯の萌出経路が偏っていると萌出しかかっていても乳歯歯根が十分に吸収されず、乳歯が抜けないで並存することがあります。
このような現象を”二重歯列“といって下顎切歯部では永久歯が内側に生えてくる形でよく観察されます。
最近は歯根吸収しないお子様が多く、クリニックで抜くケースもあります。

二重歯列では乳歯を除去し、後続する永久歯を本来の位置に誘導する必要があります。
乳歯を抜いた後の空隙が永久歯の幅と同じか、やや少ない程度なら顎も発達してきますので舌の運動する力によって永久歯の中切歯は自然に前方へ移動します。
この時、この空隙が足りないからといって隣の乳歯は抜かないようにする必要があります。
隣の永久歯に必要な空隙を一部使ってしまいでこぼこ、重なりの原因となるからです。
レントゲンで抜くタイミングを見ましょう。

上の前歯
まだ周りのお子様に比べて生えてくるのが遅いので心配というお母様もいます。
萌出時期は身体発育の程度や歯列の状況などによる個人差が大きく、子供たちは様々です。
ただ上顎前歯部で歯茎が肥厚してなかなか生えてこない場合や左右差が著しい場合は要注意です。片方の永久歯が生えて半年ほど経過しても反対側の乳歯が残っている。この場合は、歯の真ん中がずれてしまう可能性が考えられます。
抜けていても永久歯が生えてこない場合は、しっかりレントゲンで永久歯の位置を確認し早めの処置をしましょう。

本来の時期よりかなり遅くなる事を”萌出遅延“と言います。
歯並びを綺麗にするためにこの場合は長く待つことは好ましくないですね。
脱落時期が相対的に遅くなった乳歯は後継永久歯の歯根形成度を確かめた上で抜歯する必要がありますし、永久歯上部の肥厚した歯肉を切除(開窓)して萌出を促すこともあります。
クリニックではレーザーを使用しますので痛みもなく開窓することができます。
これに対して永久歯の萌出経路を阻害している過剰歯や、小さな歯の塊が入った歯牙腫などがあったり永久歯自身の位置や形態に問題がある埋伏歯は外科処置で原因を除去したり矯正による牽引処置を行います。

生え変わりの時、歯並びを悪くしないため、
1カ月に一度は経過を診てもらってくださいね。

 

 

2018.06.18

第13回大阪学術大会へ行ってきました。  2018.6.5

2018年5月26、27日
生ーIKIRU』をテーマに日本アンチエイジング歯科学会が開催されました。

今学会初、日頃アンチエイジングなライフスタイルを送っている方々のポスターを展示発表し、学会にいらした方々の投票でグランプリを選ぶという企画です。
この全国から7人の中に私が選ばれました。

クリニックのメンバーとの写真や、ファッションショーやテレビ出演時の写真、院内でのチーズと歯の健康のための食事会などの写真とコメントを添えて展示いたしました。
グランプリは学会副会長の志田佐和子先生でした。
準グランプリは私のポスターのお隣、ソムリエドクターの青木先生、学会理事の市川信一先生です。

それぞれのアンチエイジャーには協賛会社がついていますが、私はクリニックで発売していますO₂ミストの会社”アンス“様でした。
これをきっかけにこのO₂ミストが知られるようになると嬉しいですね。

勉強中の東洋歯科医学の講義も受けてきました。
ランチョンセミナーでは、当クリニックですでに1年程前から扱っているアークレイ社の唾液検査のお話もありました。
周りの先生方もどのように使っているかや金額などいろいろと私に質問をしてれました。

それともう1つのお仕事は、認定医、認定衛生士ウェルカムパーティーでの学会認定医のプレゼンテーションを依頼されました。
この学会では、異業種の先生方の御講演、セミナーがたくさんあって私自身もたくさんの先生方に会い、たくさんのヒントを得てそのヒントからニュースタイルのクリニックを築いたというお話、歯科分野はどんどん専門家、多様化してきていてこれからの時代、話題のトピックスですが、『オープンイノベーション』についてもお話させていただきました。
本屋さんにカフェ、コインランドリーにカフェ、美容室にホワイトニングなど歯科界の垣根を超えた幅広い分野とタイアップして盛り上げていく必要があるということ。

そして最後にワインパーティーですから、赤ワイン、白ワインの健康についてお話させていただきました。
赤ワインには第7の栄養素フィトケミカルの1つ、ポリフェノールの中のレスベラトロールが含まれています。抗酸化作用、抗がん作用、細胞の再生に欠かせない成分や、アルツハイマー予防など多くの効果が期待されています。
特に、熟成させた高級ワイン、ビンテージワインには通常のワインに比べ多くの有効成分が倍化されています。
白ワインについては殺菌力がとても強いのです。
ただこの体にいいといわれているワインは必ずしも歯にとっては良いこととは限りません。
じゃあ、どうすれば歯を守れるのか。
そこでワインと一緒に食べて欲しいチーズのお話をしました。
WHOで虫歯予防のために推奨しているものが
①フッ素
②キシリトールガム
③ハードチーズ     だからです。

これらの時代、オープンイノベーションの場として、また患者様に新しい価値を提供するためにアンチエイジング歯科学会は大きな役割を果たすと実感しています。

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 32
一番上に戻る
TEL.043-284-5574TEL.043-284-557424時間初診WEB予約24時間初診WEB予約

043-284-5574

診療時間

 
10:00~13:00
14:30~19:00

:17:00まで
休診日:木曜、日曜、祝日

動画・SNS・BLOG

  • YouTube
  • instagramクリニック
  • instagram理事長
  • instagramスタッフ(鈴木)
  • facebookクリニック
  • facebook理事長
  • blog理事長ブログ
  • PinterestPinterest
  • Pinterestアメブロ
AMIES
口腔がん検診・口腔検診
歯科検診受入医療機関推奨予防歯科2020年
インプラントセーフティーマーク
千葉ジェッツふなばし
日本歯周病学会
IBMF
歯医者の選び方