マウスピース型矯正装置(インビザライン矯正)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

当院では目立たない、マウスピース型矯正装置(インビザライン)をおすすめしております。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とはこれまで矯正治療で個々の歯を動かす際に用いられてきた装置はマルチブラケット装置が一般的でした。この方法は、それぞれの歯の頬側、または舌側にブラケット、もしくはブレースと呼ばれる矯正用ワイヤーを通すための装置を直接接着し、そこにワイヤーを通すことでワイヤーの弾力性を利用して歯を動かしたり、ワイヤー上で歯をスライドさせるように動かしたりすることで歯並びを整えていく方法です。
この方法は、確実に歯を動かすことができるというメリットがある反面、

  • 見栄えが悪い
  • 歯磨きが大変
  • 装置が唇の内側や頬の粘膜にあたって傷が出来たり、痛みがある

というデメリットもあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とはこのことを背景にこれまで、マルチブラケット装置に替わる目立たない取り外しのできるマウスピース型矯正装置のアイデアが多く考案されてきましたが、アメリカのアライン・テクノロジー社が【クリンチェック】という3次元的に矯正治療での歯の動きをシミュレートすることができるソフトと独自の光造型技術を組み合わせた全く新しいマウスピース型矯正治療法「インビザライン」を開発し、1997年にアメリカ、2001年にヨーロッパで販売を開始しました。瞬く間にこの治療法が広まり、日本においても2008年に薬事法上の許認可を取得しました。
コンピューターCAD/CAM(光造形)技術による治療計画に基づき患者様一人ひとりの為に 作成させるカスタムオーダーの取り外しの出来る矯正装置を2週間毎に交換しながら治療完了まで装着し続けます。

違い1

違い13次元シミュレーションソフト【クリンチェック】による正確で理にかなった矯正治療全体の歯の動きを立案できる。

違い2

違い2【クリンチェック】で立案した歯の動きを光造型技術で正確にマウスピース型上に再現される。

治療期間・使用時間

治療期間は従来の矯正装置と基本的には変わりありません。むしろ最短で動かすため早く終了する場合があります。
食事や歯ブラシをしている時などはかまいませんが、それ以外は極力長い時間使用していただく必要があります。(1日20時間ぐらいの使用が必要です。)

通院間隔

通院間隔68週に一度、来院していただき、状態の確認やアライナーの適合の確認を行います。(2週間に一度、アライナーを交換していただきます。)

メリット
  • 透明感があり、ほとんど目立ちません
  • クリンチェックと呼ばれる3Dの動画にて、歯の移動および最終的な状態をご覧いただけます
  • 痛みはほとんどありません・金属アレルギーの方でも大丈夫です
  • 食事や歯磨きの時は取り外すことができるので衛生的です
  • 装置自体がとても薄く発音の邪魔になりません
  • ワイヤーによる矯正装置のように、口の中に当たって痛みが生じたり口内炎ができたりしないので違和感、不快感がかなり軽減されます
デメリット
  • 使用しなければ歯は動きません
  • 装置を紛失する可能性があります(作り直しができますが、金額と治療期間のロスがあります)
  • 慣れるまで少し話しづらくなります

インビザライン矯正の流れ

初診相談

初診相談カウンセリングを行います。患者様から歯並びや咬み合わせのお悩みを聞き、現状を把握したうえで治療の概要をご説明します。

検査

検査虫歯の治療の必要性やマウスピースの装着が可能であるかを検査します。

診断

診断すぐに矯正が可能であれば写真撮影を行い、次回により精密な歯型をとるためにクリーニングをします。

型取り

装置作製のための精巧な型取りをします。歯型を米国に送り、米国にて3Dデジタル歯型の作製をします。

クリンチェック

クリンチェック型取りから2~3週間後に、コンピューター上の3D(3次元)画像で米国から届いた治療計画のシミュレーションを確認していただきます。数か月~数年後に最終的な歯並びの改善を確認することができます。

インビザライン装置

必要があれば、アタッチメントの装置、IPRなどを行います。通常、2か月に一度の来院ですみます(6~8週)1回の治療は30分程度ですが、IPRが入れば長くなり、チェックだけの場合はもっと早く終了します。

インビザライン装置

インビザライン装着前

インビザライン装置

インビザライン装着後

インビザライン装置

歯に着けていたアタッチメントなどをすべて外していきます。
上の写真の患者様ですが、1年半でここまで改善されました。

その後、保定期間に入ります。

細かい調整が必要なケースもあります。
そのような場合は、アライナーを再製作するために、再度型取りから行うこともあります。

ケースリファイメント①臼歯部の開咬

インビザライン治療修了直後は、アライナーの厚みも咬合力の影響により臼歯部の開咬がみられることがあります。その場合はもう一度型を取り、間隙を埋めるか最終アライナーの臼歯部の上下どちらか一方を切除して2カ月その状態で使用します。

歯軸を修正していきます。

歯軸を修正していきます。

ケースリファイメント①臼歯部の開咬
ケースリファイメント①臼歯部の開咬

このすき間をうめていきます。

ケースリファイメント①臼歯部の開咬
ケースリファイメント②歯の挺出不足によるエアースペースの発生

アライナーに歯が合っていない場合、歯の頬側面または舌側面にボタンを装着して、その対側面のアライナーに切り込みをいれその間でエラスティックゴムをかけて歯を移動させます。

ケースリファイメント②歯の挺出不足によるエアースペースの発生ケースリファイメント②歯の挺出不足によるエアースペースの発生

ケースによってリファイメントの仕様も異なってきます。

保定

①一般保定

インビザライン・アライナーと同じ最先端技術を用いて作製される保定装置です。最終的な咬合を安定させるために使用します。

②ビベラ・リテーナー

3セット(両顎で1セット)での製作になり、3セット一度にお渡しいたします。インビザライン治療を受けられていない患者様に対しても製作することができます。また、リンガルボタンを使用した場合の作製も可能です。

保定期間終了

3~4ヵ月に1度の来院いただきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の費用

治療項目 消費税別料金
部分矯正 200,000~300,000円
マウスピース型矯正装置(インビザライン) 600,000~800,000円
マウスピース型矯正装置(スターアライン)NEW 診断料:30,000円
1ステップごとに片顎:30,000円

※別途消費税を申し受けます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の症例

症例1:

テキストテキストテキストテキストテキスト

【術前】 【術後】
【術前】 【術後】
【術前】 【術後】
治療方法
治療期間
副作用・リスク
費用

マウスピース型矯正装置(インビザライン)Q&A

インビザラインとは?

この矯正方法は、コンピューターを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)に付け替えることで歯列を矯正していきます。
透明な装置ですので、装着してもほとんど目立ちません。
また、必要に応じて取り外すことができます。3D画像で最終的な歯並びになる歯列と期間がわかります。

どんな方におすすめですか?

営業職、接客業、アナウンサーのような人前に出る機会が多い人・固定式の装置に煩わしさを感じる人・普段と同じようにおいしくお食事を楽しみたい人・金属アレルギーのある人・セルフコントロールができる人

インビザラインの特徴は?

取り外しができるため、普段と同じように歯磨きや食事が可能です。固定式の装置と違って食事も違和感なく楽しめます。
また、装置自体がとても薄く発音の邪魔になりません。ワイヤーによる矯正装置のように、口の中に当たって痛みが生じたり口内炎ができたりしないので違和感、不快感がかなち軽減されます。
また、装置を取り外して洗浄ができるため衛生的です。最終的な改善の予想日数がわかるので、計画的に行うことができます。ブランケットではこれはできません。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の専門用語

クリンチェック

クリンチェック最先端のCTスキャン技術により患者様の歯型の印象から高精度の模型をコンピューター上に具現化することができます。クリンチェックと呼ばれるシミュレーションソフトによりコンピューター画像上で歯の移動シミュレーションを詳細に見ながら治療開始から完了までの治療計画の検討と立案をします。米国からインビザライン装置(アライナー)が治療期間分届きます。

アライナー

アライナー透明なプラスチックで出来たマウスピース型の矯正装置です。透明なので装着していてもほとんど目立たつことはありませんし取り外し可能なため衛生的です。アライナーを約2週間ごとに治療計画に合わせて交換しながら治療を進めていきます。

アタッチメント

アタッチメントインビザラインでの治療時に歯の移動を促すための補助装置をいい、患者様の歯の形状により様々な形状の装置がございます。

リファインメント

リファインメントインビザラインでの治療を終了した際に、部分的に多少のずれがある場合に最後の微調整としての治療です。必要に応じて数回行う場合がございます。

IPR

IPRスライミングやディスキングとも呼ばれ、歯の側面の部分を少し削ることをいいます。歯の形態を整えたり、歯を並べるスペースを確保するために行います。1本の歯の両側を合わせ0.5mmを限度にIPRを行うことがあります

ビベラ・リテーナー(保定装置)

ビベラ・リテーナー(保定装置)インビザライン・アライナーと同じ最先端技術を用いて作製される、矯正治療後の使用を目的とする保定装置です。また、ポンティックおよびリンガルバーを設置した状態での作製も可能です。

パッシブ・アライナー

パッシブ・アライナー下の歯は上より早く終わるという、移動の組み込まれていないアライナーのことです。上の歯が終了するまで引き続き下のアライナーも続けて使用していきます。
ミッドコース治療計画から外れて、歯がアライナーとぴったりと適応できない状態になった場合の修正治療です。
もう一度型取りから行い新しいアライナーで歯を動かしていきます。

バイトランプ

バイトランプ前歯の噛み合わせの深い、過蓋咬合という不正咬合に使います。このバイトランプが下の歯にあたることにより、上下の前歯の動きがよりよくなり、下の前歯の動きに合わせて、そのバイトランプの位置が変わる新しい仕組みです。

一番上に戻る
TEL.043-284-5574TEL.043-284-557424時間初診WEB予約24時間初診WEB予約

043-284-5574

診療時間

 
10:00~13:00
14:30~19:00

:17:00まで
休診日:木曜、日曜、祝日

動画・SNS・BLOG

  • YouTube
  • instagramクリニック
  • instagram理事長
  • instagramスタッフ(鈴木)
  • facebookクリニック
  • facebook理事長
  • blog理事長ブログ
  • PinterestPinterest
  • Pinterestアメブロ
AMIES
口腔がん検診・口腔検診
歯科検診受入医療機関推奨予防歯科2020年
千葉ジェッツふなばし
IBMF
Pinterest
歯医者の選び方