« 2019年6月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年3月26日

唾液が出るサプリメントがあるんです!!   2019.3.27

唾液は大事!とお話しましたね。
年齢と共に唾液がだんだん少なくなってきます。
唾液にはたんさんの素晴らしい成分が含まれています。
その中でも、美容効果、アンチエイジング効果があり、若返りホルモンと呼ばれています。
NGF(神経成長因子)
EGF(上皮成長因子)
IGF(インシュリン様成長因子)
が含まれているんです。

supri01.jpgこの唾液は、お口の中を舌でぐるぐる転がしたり、お顔の外から唾液腺をマッサージすることでお口の中が潤ってきます。
マッサージをする時に使うジェルも効果的です。
その他、唾液の出るサプリメントはないのかな?

先日、サプリメント勉強会に出席し、ありました!!
実は...『還元型コエンザイムQ10』なのです。

コエンザイムQ10は私たちの体の中でエネルギーを作り出す時に不可欠な栄養素で、補給する場合には『還元型』の形で摂ることがオススメです。
この働きは「エネルギー(ATP)産生」と「抗酸化(老化予防)」で、体内では「還元型」という形でその効果を発揮しています。
購入の際には、還元型と書かれた物の方がいいですね。
加齢やストレスでも不足してしまいますが、コレステロール値を下げると薬(スタチン系製剤)を飲んでいらっしゃる方はコエンザイムQ10の体内合成が阻害されます。
supri03.jpg

還元型コエンザイムQ10の補給をお勧めしたい方はこのようにスタチン系製剤を飲んでいる方、心臓病や高血圧がある方、疲れやすくストレスを感じている方、片頭痛がある方、アンチエイジングの目的、ドライマウスの方なんです。
年を重ねるごとに唾液がだんだん少なくなりドライマウスになりがちです。このコエンザイムQ10を飲むと一か月ほどで改善が見られるということです。
油に溶けるこの栄養素は錠剤よりカプセルのものを選びましょう。
そして食事の後に摂るのがおすすめ、吸収率が2~3割上がります。

supri02.jpg老化:クロニジカルエイジ(暦年齢)はコントロールできません。
バイオロジカルエイジ(生物学的年齢)は日々の生活の積み重ねからきますのでコントロール可能なのです。

このようなサプリメントを補給して、唾液がたくさんでるようしたいものですね。
この唾液の中には実に約700種類もの常在菌が存在しています。
もともと唾液って無菌なんです。口腔粘膜に生息する細菌が唾液に流れこんでいると考えられています。
そしてこの唾液細菌数は概日リズムを持ち、寝ている間、起きている間の細菌や臓器の変化に敏感に反応しますので今後、腸内細菌でも研究が進んでいるように唾液細菌でもがんなどの疾患の早期発見や鑑別で診断などを行えるような将来になるでしょう。

supri05.jpg唾液が少なくなってきたと感じている方、唾液って大事!!
サプリメントでコエンザイムQ10を摂るようにしましょう。sakai.png

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:https://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1