« 2019年6月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年3月26日

唾液が出るサプリメントがあるんです!!   2019.3.27

唾液は大事!とお話しましたね。
年齢と共に唾液がだんだん少なくなってきます。
唾液にはたんさんの素晴らしい成分が含まれています。
その中でも、美容効果、アンチエイジング効果があり、若返りホルモンと呼ばれています。
NGF(神経成長因子)
EGF(上皮成長因子)
IGF(インシュリン様成長因子)
が含まれているんです。

supri01.jpgこの唾液は、お口の中を舌でぐるぐる転がしたり、お顔の外から唾液腺をマッサージすることでお口の中が潤ってきます。
マッサージをする時に使うジェルも効果的です。
その他、唾液の出るサプリメントはないのかな?

先日、サプリメント勉強会に出席し、ありました!!
実は...『還元型コエンザイムQ10』なのです。

コエンザイムQ10は私たちの体の中でエネルギーを作り出す時に不可欠な栄養素で、補給する場合には『還元型』の形で摂ることがオススメです。
この働きは「エネルギー(ATP)産生」と「抗酸化(老化予防)」で、体内では「還元型」という形でその効果を発揮しています。
購入の際には、還元型と書かれた物の方がいいですね。
加齢やストレスでも不足してしまいますが、コレステロール値を下げると薬(スタチン系製剤)を飲んでいらっしゃる方はコエンザイムQ10の体内合成が阻害されます。
supri03.jpg

還元型コエンザイムQ10の補給をお勧めしたい方はこのようにスタチン系製剤を飲んでいる方、心臓病や高血圧がある方、疲れやすくストレスを感じている方、片頭痛がある方、アンチエイジングの目的、ドライマウスの方なんです。
年を重ねるごとに唾液がだんだん少なくなりドライマウスになりがちです。このコエンザイムQ10を飲むと一か月ほどで改善が見られるということです。
油に溶けるこの栄養素は錠剤よりカプセルのものを選びましょう。
そして食事の後に摂るのがおすすめ、吸収率が2~3割上がります。

supri02.jpg老化:クロニジカルエイジ(暦年齢)はコントロールできません。
バイオロジカルエイジ(生物学的年齢)は日々の生活の積み重ねからきますのでコントロール可能なのです。

このようなサプリメントを補給して、唾液がたくさんでるようしたいものですね。
この唾液の中には実に約700種類もの常在菌が存在しています。
もともと唾液って無菌なんです。口腔粘膜に生息する細菌が唾液に流れこんでいると考えられています。
そしてこの唾液細菌数は概日リズムを持ち、寝ている間、起きている間の細菌や臓器の変化に敏感に反応しますので今後、腸内細菌でも研究が進んでいるように唾液細菌でもがんなどの疾患の早期発見や鑑別で診断などを行えるような将来になるでしょう。

supri05.jpg唾液が少なくなってきたと感じている方、唾液って大事!!
サプリメントでコエンザイムQ10を摂るようにしましょう。sakai.png

Google +1
2019年3月 3日

歯にいいだけじゃないチーズの美容効果  2019.2.28

先日、NPO法人チーズプロフェッショナル協会が監修するムック本から『おいしいチーズの教科書』という本が出版されるということで取材がありました。
今回『チーズと美容』についてお話させていただきました。楽しみにしていて下さい。
WHOでも認められている虫歯予防になるものとしてフッ素、キシリトールに加えてチーズということはお伝えしましたね。
今回はチーズの美容についてお話したいと思います。

cheese01.jpgナチュラルチーズは『白い肉』とも言われるように良質なタンパク質をたくさん含んでいます。このタンパク質は20~30%を占めていて身体に必要なアミノ酸をバランス良く含んでいます。髪や爪をきれいに保ちますし、このアミノ酸は肝臓の機能改善や肝臓疾患治療に効果があるので、アルコールと一緒に頂くと悪酔いしにくいのです。

そして肝臓に良いだけではありません。このタンパク質が体内の鉄分と結合し、リンパ球が活性化してがん細胞の増殖を阻止しているということで注目が集まっています。
チーズは塩分が高いからと敬遠されがちですが、塩分を体外に出す働きもあって高血圧を予防してくれる効果も期待されています。

チーズの脂肪に関しても、気にされる方が多いと思いますがチーズの脂肪は球状になっていて大変燃焼しやすい形をしています。一見するとダイエットに向いていない食材のようですが、空腹感を感じにくいのでダイエットにもぴったりなのです。

このように体にとってもいいチーズ、お肌にもとても良いのです。
チーズは食べる美容液!!
美肌効果に優れています。

カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2、タンパク質、脂肪、乳酸菌など様々な栄養素がバランスよく豊富に含まれていて健康にはもちろん、美肌作りに最適な食べ物なのです。

cheese02.jpg①美肌作りにダイレクトに関わってくるのがビタミンA
このビタミンAは肌の新陳代謝を高め、活性化させる働きがあります。
肌の規則正しいターンオーバー(28周期)に繋がり、キメの細かいお肌に近づけます。

⓶そしてタンパク質(酵素)が肌細胞の基礎を作り、肌を再生するにはとっても良い組み合わせの栄養素なのです。

セレン、カッテージチーズなどに多く含まれています。
若々しく美しい肌作りをサポートしてくれます。
このセレンには生命の維持に欠かせない『必須微量元素』亜鉛やビタミンEと共に体の抗酸化作用に重要な役割を果たしています。
活性酸素の除去により肌の血管、筋肉などの老化を遅らせるので高いアンチエイジング効果を持っています。
当クリニックでもお口の中の金属を外した後、デトックスするためこのセレンを含んだサプリメントを飲んで頂いています。

ビタミンB2は、
糖質や脂質の代謝を促す働きがあります。
脂肪が燃焼され、脂肪が蓄積されずに済むというまさにダイエットに向いています。
また細胞の成長を促進する作用もあるので美容効果が期待できます。

善玉乳酸菌が豊富に含まれています。
酵素の働きによってタンパク質がペプチドやアミノ酸に分解させるため、牛乳よりも消化しやすいのです。
ただナチュラルチーズには生きた乳酸菌がいますが、プロセスチーズは加熱するため生きた乳酸菌はいませんのでご注意を...。
できれは、ナチュラルチーズを頂くようにした方がいいですね。
乳酸菌によって便秘を解消し、腸内環境が整うとお肌がとっても綺麗になります。

⑥チーズに含まれるフェニルアラニン!!
なぜかチーズを食べると幸せを感じませんか?
チーズに含まれるフェニルアラニンと呼ばれる成分が、フェニルエチルアミン『幸福ホルモン』を放出する原料になりチーズを食べると気分が高揚し、幸福感を感じたり前向きな気分になれます。
このフェニルアラニンは必須アミノ酸の一種で脳内の幸福物質のアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンを放出するための成分だからです。
だからチーズを食べると幸せを感じるのですね。
この幸せ感が...(恋愛中のドキドキ感も)お顔やお肌をきれいにしてくれるんです。

cheese.jpg最後に、牛乳は体を冷やしますがチーズは体を温めてくれる食材でもあります。
だから血行も良くなるのでつやが良くなってくるのです。
一日のチーズ摂取量は20~100gが良いようです。
6Pチーズの1ピースが約25gぐらい。
毎日チーズを食べて幸福感と健康・美容を手に入れましょう。sakai.png

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:https://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1