« 2019年7月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年12月14日

進化した唾液検査

dog01.jpg口腔内環境をしっかり把握して一歩先のオーラルケアをしていただくために、
プレリリースした唾液検査装置を導入致しました。

今までの唾液検査では、
●唾液の緩衝能
酸やアルカリの両方を中性に戻そうとする働きのこと。
中性に戻す能力が高いと溶けている時間が短くてすみ、歯を石灰化する時間が長く取れる。
●ミュータンス菌量
虫歯原因菌の1つ。
dog07.JPG歯に付着するプラークの原因となったり、酸を産生して歯を溶かしたりする。
数が多ければ虫歯のリスクが高い。
●ラクトバチラス菌
歯の表面が溶け始めるような環境で増殖。
強い酸を作るため、歯を溶かすのに影響を与える。
唾液検査ではこれら3つの検査によって唾液の量、唾液の中和力、虫歯の菌の数がわかり、それによって予防方法をご提案していました。
しかし、虫歯菌の種類が分かっても、それがなかなかセルフケアには結びつきませんでした。

今回の器機は下の表のように
◆歯の健康として
むし歯菌があるか、酸性度はどうか、緩衝能はどのくらいか
◆歯茎の検査として
潜血があるか、白血球の量は多いか、タンパク質の量は多いか
◆口腔清潔度
アンモニアの量が多いかどうか


dog06.JPG

平均値のグラフとともに明示されます。わかりやすいですね。
虫歯菌の数は多いがどうか、虫歯になりやすいかどうか、歯肉に炎症があるかどうか、白血球や潜血によって口腔ガンになりやすいかどうか、アンモニアの量で口臭はあるかどうかまで診断できます。

検査の方法ですが...
dog04.jpgお渡しするお水で、10秒間すすぐだけ!
その日の受診のうちに、検査結果をレポートでお渡しできます。

これによってクリニックの『プロケア』と患者様自身の『セルフケア』を1人1人にアドバイスさせていただきます。

dog05.jpgぜひ、唾液検査口臭外来口腔ガン検診にいらしてくださいね。

sakai.png


Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.amies-dental.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/872

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:https://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1