« 2019年7月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2012年4月 1日

知覚過敏って!(歯がしみてお困りの方) 2012.04.01

知覚過敏とは、虫歯でもないのに冷たい(温かい)もの、酸の強いものを飲食したり、歯磨きしたりした時や、歯に風が当たったりした時など、一時的に"キーン"と歯がしみる症状のことです。一口に知覚過敏といっても原因や症状、痛みの程度は人それぞれです。]

 120401a.jpgこのように歯が削れてくると黄色い象牙質が見えて症状がでることがあります。

 120401b.jpg知覚過敏を放置しすぎると歯の根元のすり減りが深くなり神経に近くなる事によって痛みが強くなります。あるいは、長い年月の間ですと内部の修復作用が働いて逆にしみなくなり、歯ブラシでどんどん削れてくる場合があります。

120401c.jpg歯の神経は、歯の中心部にある歯髄と呼ばれる場所にあります。
歯髄は周囲を象牙質で覆われ、その外側に硬いエナメル質の層があり、歯根の部分には代わりにセメント質の層で守られています。

このエナメル質やセメント質が傷つき象牙質がむき出しになると知覚過敏が起こります。

~ 症状 ~
特徴的なのは"キーン"という鋭い痛みであり、さらにその痛みは、一過性せ、冷たい水や歯ブラシなどの摩擦によって誘発されるということです。歯の付け根がすり減った"楔状欠損"が見られることが多いのも特徴」です。何もしてないのにズキズキが続くような場合は知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります

~ 原因 ~
原因は色々ありますが、共通していることは、何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。なので正式名称は、"象牙質知覚過敏症"と言います。

1. ブラッシングが強すぎてエナメル質がすり減った場合
特に歯の根の象牙細管の穴がむき出しになりますと刺激が直に伝わりしみ易くなります。

2. 歯周病、歯肉炎が原因
歯肉が退縮し温度に敏感な歯の根元が露出ししみ易くなります。
露出した歯根が歯肉炎の原因であるプラークで汚れていると細菌が出す刺激物質でしみる。さらに、プラークでエナメル質がとけ、しみる。

3. 歯ぎしり、咬み合せが原因
強く咬むことによって 歯が咬耗し咬む面の象牙質が見えてしみる。
部分的に大きな力が加わることによってエナメル質が目に見えないクラック(ひび割れ)を起こす。

4. 歯石を取ることによって
しみ易いセメント質が露出してしまうのでしみてくることも。

5. 知覚過敏ではなく虫歯
実は、虫歯のこともあります。根元がすり減った所に虫歯を併発する場合もあります。

6. 酸蝕症が原因
飲み物や食べ物の酸が強い場合、エナメル質がとけてしまいますが。それによってしみてくることがあります。

7. 矯正治療で
歯を移動させすぎると歯茎が下がってしみる原因になります。


~ 治療法 ~

● 自分で出来る

1. まず正しいプラークコントロール(歯磨き)を行う
口腔内が清潔であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンが傷ついた部分にくっついて歯を修復再石灰化が起こり症状が治まります。

2. ブラッシングの際に知覚過敏用の歯磨きジェルを使う
(クリニックで販売しています。)

3. 歯のすり減らない歯ブラシを使う
(ポーラ化粧品で販売しているナノミネラルブラシなど)

4. マウスピース
マウスピースを使うことにより歯ぎしりからガードしたり、内面に知覚過敏専用ジェルを入れて予防したりします。

● クリニックで行う

1. フッ化物の塗布
エナメル質が強化されます。

2. 歯科材料(レジンや歯科セメントなど)で痛みのある部分をカバーする

3. 痛みのある部分へのレーザー照射

4. しみ止めの薬液の塗布

5. 咬み合せ調整
上下の歯の強く当たっている部分を削り歯に加わる負担を軽減します。

以上が知覚過敏の際の基本的な治療法になりますが、原因にも色々なものがありますし検査の結果、知覚過敏ではないということが判明することもありますので、また上記以外の治療が必要になる場合もあります。


☆ 知覚過敏は治る場合も
原因がはっきりしない場合も、長期間(1~3年)で治ってしまうことがあります。
これは、歯の中の神経が自分力で刺激を受けにくくするように修復する力があるのです。やはり、もっと短期間で治るようにしたければ、クリニックでの処置をお勧めします。

☆ しみるのを止める最後の手段
歯の中の神経を取ってかぶせてしまう方法です。


知覚過敏だからそのうち良くなるかも・・・
こんな淡い期待を抱くと虫歯だったりが進行してしまうかも。

クリニックでの定期検査のチェックはかかせませんよね。

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:https://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1