« 2019年6月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2011年5月 1日

妊婦さんの虫歯 2011.05.01

110501.jpg当クリニックでは、結婚、出産を控えた患者様が多いです。特に今年は多く感じられます。今回は、そんな妊婦さんのためのちょっとした知識をお伝えしようと思います。

妊婦初期に "つわりがひどくて歯磨きができない" こんな方が相談にいらっしゃいます。歯ブラシを口の中に入れただけで吐き気を感じ、ブラッシングができなくなるのです。

お口の中の病気の大半は、虫歯 歯周病 歯肉炎 などです。そして、その原因になっていのは、細菌とその代謝物の塊の歯垢(プラーク)です。

そのプラーク除去が丁寧に取りきれないため、虫歯 歯周病 歯肉炎が悪化します。

さらに妊娠すると増える女性ホルモンのエストロゲン。
このホルモンを好む細菌が増えることにより、歯周組織の炎症を引き起こしやすくなります。そのため、妊娠5~20週頃から歯肉が腫れたり出血しやすくなる事があります。

出産後、ホルモンバランスが落ち着くと治りますが、そのままお口の中を不潔にしておくと歯周病へと進行していきます。

その歯周病にかかると歯周病菌の一種が血管内に入ると、女性ホルモン量が3倍に増加し、羊水の「プロスタグランジン」という物質が、急速に増えて一定量に達してしまう結果、子宮が収縮して早産を起こす確率が高いとされています。

よく妊娠すると歯が悪くなると言われていますが、お腹の中に母親のカルシウムがとられるからではないのです。
 
このような場合、やはりおなかの赤ちゃんのためにもクリニックで検診やクリーニングを受けることをお勧めします。御自分ではなかなか行き届かない部位を、丁寧に汚れをとってくれます。

そして、妊娠中ではできない特別なエステと思ってください。
いろんな心配も 解消できるはずです。

そして御自宅でのアドバイスとして

1. ブラッシングがしにくい時は、補助的にマウスウオッシュを使いましよう。
2. 唾液には殺菌のある酵素が含まれていますので、キシリトール入りのガムを噛んで唾液の分泌を促しましょう。
3. 食事の合間には、一番細い歯間ブラシを使うことをお勧めします。
4. 歯と骨の丈夫な赤ちゃんを出産するためにもバランスよく栄養を取りましょう。特にカルシウムのたくさん入った食品は大事です。
5. その上に、妊婦さんクリーニングをして、しっかり汚れを取り、歯質を強化するフッ素を塗布してもらいましょう。

110501b.jpg大切な母体の健康を守り、健やかなマタニティーライフを過ごしましょう。

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:https://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1