スーパーエナメル治療

削らずに歯を白くする審美歯科
スーパーエナメル(進化型ラミネートべニア)は天然歯を削らずにダメージすることなく審美的な治療を行う事ができます。(もちろん従来の様に削って処置することもできます。)
spenamel01.jpg

前歯の審美歯科治療を行うとき、従来の方法(セラミッククラウン、ラミネートべニア)では天然歯の切削が必要でした。もちろんキレイな歯はすばらしいですし、そのために適切な切削を行いよりよい審美性を獲得することは、患者さまにとって多くのメリットがあると考えています。
しかしながら、当院ではより低侵襲で体に優し、健康を犠牲にしないような審美歯科治療が望ましいと考えています。
スーパーエナメル(進化型ラミネートべニア)は審美歯科先進国のアメリカなどで行われている
thin Veneerの治療を、日本人にあわせて改善・改良した世界最高峰の歯を削らない審美歯科治療です。


<ラミネートべニア>
spenamel02.jpg
治療後の強度を保つために
0.5ミリ~0.7ミリの厚さが必要となり、
その厚さ分健康な歯を削る必要があります。
また、一度付けると取り外しはできません。


<スーパーエナメル>
spenamel02.jpg
高強度なジルコニアやe.max製のセラミックの
薄いチップを歯に貼ります。
非常に強度があり0.1mm~の厚さで大丈夫なため、
歯を削らないで歯の表面につけ爪のような
感覚で貼り付ける事が可能となりました。
ラミネートベニア
のように歯を削る事はしないので、
元の状態に戻すこともできます。

◎スーパーエナメルの5つの特徴
1. 歯を削らない最新の審美治療法
2. 0.1m~0.5mの薄くて丈夫な材質
3. 最短2回の通院で施術が可能
4. すきっ歯や歯並びなども解消
5. エナメル質を酸から守る

材質 強度 切削量 形態修正
スーパーエナメル e.max/VINTAGE 高強度ベニア(400MPa程度) 削らない 少し修正できる
ジルコニア 高強度ベニア(600MPa程度)
ラミネートベニア ポーセレン やや弱い(100MPa程度) 表層を削る 少し修正できる


スーパーエナメルの適応症
・着色歯、変色歯(テトラサイクリン歯、黒ずんだ歯、黄ばんだ歯、茶色い歯など)の改善
・すきっぱ(正中離開、空隙歯列)の改善
・ブラックトライアングル(前歯歯間部の三角の隙間)の改善
・前歯の歯列不正(デコボコや不揃い)の改善
・形態不良の歯、すり減りで薄く透けてしまっている歯の改善
・ホワイトニングよりも明らかに白く綺麗な歯にしたい方

スーパーエナメルの非適応症
・下の前歯においては脱離の可能性があります。(従来のラミネートベニアのように切削すれば治療可能です。もしくはセラミッククラウンの適応になります。)
・虫歯(まずは虫歯治療を優先させましょう)
・歯肉炎・歯周病
・嚙み合わせに問題がある
・歯が欠損している
・1日できれいにしたい方(スーパーエナメルは診断・治療と製作工程で通常3週間程度はかかります。1日で1回で白く綺麗にしたい場合には歯のマニキュア(レジン)の選択肢があります。


治療の流れ
①初診
スーパーエナメルをご希望される場合にはレントゲン写真、歯周病があるかないかの検査、歯式を取ります。
歯石が付いている場合は簡単に歯石を取ります。

⓶治療計画・シュミレーション
歯並びや咬合わせなどを診断し、具体的な治療計画を提案していきます。
ご希望があればシミュレーション用のプラスチック材料を歯に装着して、実際にラミネートベニアを貼るとどんなイメージになるのかを体験して頂きます。

③治療決定・型取り製作依頼
スーパーエナメルの治療計画が確定したら、製作用の精密型取りと写真撮影を行います。削らないラミネートベニアの透明度や色を選んでいきます。
仮歯の必要はありません。

④スーパーエナメル完成・試適
製作されたスーパーエナメルの試し合わせを行います。
削らないラミネートベニアは超極薄のセラミックスなので、審美性を向上させるため色味の選べる特別なセメントを用います。そのセメントの色味を確認しながら、スーパーエナメルを実際に試しづけします。

⑤スーパーエナメルセット・調整
歯面を綺麗にクリーニングした後、厳密な管理の下で時間をかけて接着を行っていきます。
スーパーエナメルは繊細で高度な極薄セラミック治療です。咬合調整と研磨はセット当日およびあらためて後日にしっかりと行います。接着後も長期にわたって正しく清潔にご使用いただくため、3か月ごとのメンテナンスをお勧めしています。