« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2018年8月17日

BTAテクニック  2018.8.17

BTA02.jpgこの方法はBTA(Biological Tissue Adaptation)の略。
生物学的な歯肉組織の適合のテクニックという意味です。

坪田 健嗣先生が20年程前に開発した治療法ですが私はレクチャーを受けて、実際に患者様に施術し大変喜ばれています。どんな治療法かといいますと...

左右バランスの悪い歯肉ラインと整え、バランスの良いラインにしたり、短すぎる不自然な歯を長く見せたり、歯肉見え過ぎ(ガミースマイル)を治したり、また1本や2本内側に入った歯を外側に出して美しく自然に仕上げます。
ジルコアセラミックで歯並びを簡単に整えるのにとっても有効な治療方法です。

通常は歯肉ラインを整えるために矯正治療で歯を移動させたり(これは期間がかかりますね)、歯肉を剥離して歯槽骨を削る歯冠延長術という外科手術をしたりと患者様には様々な負担がかかります。
時間的な問題、コストの問題、肉体的な問題など...。

この方法はそれをすべて解決してくれます。

BTA01.PNG

BTAテクニックは、エレクトロサージェリー(電気メス)で1~3㎜程、歯肉切除を行ってその歯肉の厚みとほぼ同じ厚みにセラミッククラウンやラミネートベニアのマージン(縁)を作って装着します。
普通、歯茎は年齢と共にどんどん下がっていくのです、この方法ですとマージンの形に適合してずっと隙間のないままになります。
歯肉組織(上皮)がセラミックに適合してくることで歯肉溝や歯周ポケットはほとんど無くなり、最近の侵入が起きにくくなります。
これは病理学的、分子生物学的見地から実証されています。

BTA03.PNG
BTA04.PNG
BTA05.PNG

歯磨きをよくする方が最近では多いのですが、歯ブラシで歯をゴシゴシ磨くと歯肉が退縮ししてしまったり、歯の付け根が楔状に擦り減ったと弊害が出てきます。
そのような場合、このBTAテクニックを使った歯肉は退縮を起こしにくくなります。
このように矯正をしなくても、自然な歯並びにできて、歯肉の形を綺麗に整え、歯肉が下がるのを抑えるテクニックは今後世界中の歯科医に広がりたくさんの患者様を幸せにすると思います。

この発明をした坪田 健嗣先生、研究された東京歯科大学病理学教授の下野 正基先生に感謝いたします。

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:http://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1