« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2014年6月25日

滑舌がよくなる手術って? 2014.06.25

菊池亜美さん、元AKB48増田有華さん、ロッチ コカドさん、舌小帯短縮症の改善のために、舌小帯の切除手術を受けたのはご存知ですか?

‟舌の裏を切ったら滑舌がよくなって歌もうまくなると言われたのに全然変わらなかった~" なんて言っているそうですが・・・
さすがに、切ってすぐは難しいですよね。

やはりお口の中の状態が急に変わりますので、その状態に慣れるのに時間がかかりますし、もっと早く改善したい場合は機能訓練が必要になります。ラ行の練習や舌をたくさん動かすトレーニングをします。トレーニングをすると舌筋が鍛えられて滑舌が格段に良くなります。


舌小帯切除術とは

舌小帯とは、舌の裏側にある下あごと舌をつなぐヒダ状の組織のことをいいます。この舌小帯が短いと、舌を動かしにくかったり、発音がしにくかったりと障害が起きている場合があります。

舌小帯が生まれつき短かったり、小さすぎたりして下の機能を制御している状態の事を舌小帯短縮症、舌癒着症と呼びます。この症状は、自然に改善することが望めない為、手術によって治療していきます。

当院では、メスを使わずレーザーで舌小帯を切除します。
縫ったりしませんので抜糸などの処置はありません。
よくレーザーだけだとまたあと戻りするような事を言われているようですが、レーザーでしっかり傷口をかためていますので大丈夫ですよ。小さいお子様でも安心して治療が望めます。

治療例

0701.jpg

次のような方に舌小帯手術をおすすめします。
 ・舌を前に出すと舌先が割れてハート型になる。
 ・舌で上唇をなめられない。
 ・舌を口蓋(上顎の裏側)につけられない。
 ・滑舌が悪い。
 ・サ・タ・ラ・ハ行の発音に障害がある(構音障害)

0701c.jpg舌を出した時に舌の先がハート形にくびれている方、ラ行がうまく言えない方、クリニックに是非相談に来てくださいね。

Google +1
2014年6月10日

歯科用CT 日本初上陸第一号機 2014.06.10

0601a.jpg0601b.jpg

従来、大規模病院などにしか設備していなかった歯科用CTですが、当クリニックでも導入いたしました。

より正確な診断に役立つことはもちろん、経過観察などにおいても大規模な病院に行くことがなく、診査・診断・治療ができるようになりました。

当クリニックではフランス製トロフィー社の被爆数の少ないトロフィーパンスマートオシリスを導入いたしました。
当クリニックが日本で第一号機なります。

たくさんのメーカーが歯科CTを発売しておりますが、大きくスペースをとったり使用が複雑だったりしていました。

今回導入いたしましたCTは改良に改良を重ねスペースを取らず、一台でパノラマ撮影からCT撮影までできるものです。性能も画質も一段とよりよいものとなっております。

これからどんどん普及されていくと思われますCT、当クリニックからも普及に役立ててればと思います。

また、患者様への精密な診断に加え、歯科用CT外来を設けました。

0601c.jpg・ 歯科用CTによる3D撮影
・ 簡単なシュミレーション
・ データの受け渡し

他院様、患者様、ご利用下さいませ。

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:http://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1