« 2018年1月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2012年5月 1日

歯科金属アレルギー 2012.05.01

120501a.jpg金属アレルギーの症状はさまざまです。原因不明の症状に悩まされたら金属アレルギーかも知れません。

金属自体は通常 体に害はないのですが、汗や唾液などと混ざるとイオン化した金属が体内に入ります。汗をかくとネックレスが触れている肌がかゆくなったり赤くなったりするのは、汗の塩分で金属がイオン化するからです。

歯の治療には、金属の場合、合金が使われていて貴金属の含有量が少ないと歯が上下で噛みあった際の摩擦で合金の粒子が唾液に溶け出します。それがイオン化して症状が出やすくなります。

体内に入った金属イオンは身体のたんぱく質と結合しこの物質を異物とみなした身体は、再び同じ金属が体内に入って結合した時にアレルギー反応を起こします。

金属アレルギーは花粉症のようにすぐ症状がでるものと違い金属に接触してからアレルギー症状が出るのに時間がかかります。そのためアレルギーの原因が金属だと気付かない事が多いのです。

120501i.jpg歯科で使われる合金には、銀、銅、パラジウム、ニッケルなど様々な金属がはいっています。一般的に食べ物や飲料水に入っている重金属の汚染に関しては気にしているのですが、歯の詰め物であるお口の中の金属の存在を忘れてしまっているようです。

お口の中にある金属は唾液によってイオン化して
溶けやすく、唾液、口腔細菌、血液などのたんぱく質と結合してアレルギー性を持ち、皮膚症状や肌のシミ、シワの原因になります。

お口の中の金属は、電気を帯びやすく、微弱電流を発して脳の活動を混乱させ、頭痛や関節痛を起こすことがあります。歯の詰め物による金属アレルギーは、ピアスやネックレスを着けたことがきっかけになって発症しやすくなります。

特に心配する事は、お口の中の金属が原因で、免疫力が低下し、老化や発ガンが促進される事です。なるべく歯の治療では、合金を使わないようにしたいものです。

金はイオン化しにくい金属ですし、セラミックやチタンが安全性の高い金属です。費用はかかりますが、チタン製のインプラントやセラミックのクラウン、またブリッジや部分入れ歯にもジルコニアやグラスファイバーを使ったり、はり金のないプラスチック製の義歯を使ったり、それぞれの患者様の症状に合わせて対応しております。

金属アレルギーは、40代の女性に最も多く、理由は、明らかではないのですが。長期間ピアスやネックレスなどのアクセサリーを着けたり、金属粒子を含有した化粧品を使ってきたため発症するきっかけになったのではと考えられています。まつ毛ビューラーも原因になります。

~ 歯の金属アレルギーの主な症状 ~
120501h.jpg遅延型アレルギー反応ですが、全身性接触皮膚炎、顔面湿疹、偽アトピー性皮膚炎、扁平苔せん、口内炎、口角炎、舌炎、手足のしびれ、かゆみ、肌のしみ、しわ、肌荒れ、老化、肩こり、ひざ痛、頭痛、神経症状、憂鬱感、立ちくらみ、自律神経失調症、不定愁訴、物忘れ、発がん等です。

~ 金属アレルギー検査の方法 ~

1. 口腔内検査
お口の中と歯の状態、金属の有無を調べます。アレルギーがあると歯肉や頬の粘膜が赤くなったり、白くなったりしていることがあります。

2. 毛髪ミネラル検査
当クリニックで行っている検査です。少しの髪毛の根元を採取し毛髪に蓄積されている有害金属を測ることができます。
 120501d.jpg

3. 歯科金属検査
金属を使った帯電試験、機器を使った金属漏出度測定です。
歯の詰め物の一部が黒く変色している場合は要注意! ガルバニー電流が発生しているかもです。
 120501e.jpg

4. パッチテスト
皮膚科か内科で行います。
上腕部や背中にアレルギーの疑いのある金属を張り付けて、お肌の反応をみます。
 120501f.jpg120501g.jpg

5. リンパ球刺激試験
血液から採取したリンパ球にアレルギー物質の口腔内金属を取り込ませて過敏反応するかどうか調べる方法です。

6. 唾液分析
唾液の性質が金属の腐食に影響する場合があります。唾液のPHや分泌量はイオン化傾向やガルバニー電流の発生に関係があります。

7. 金属含有レベル検査
血液中の有害金属の含有レベルを測ります。以前は急性鉛中毒の時に使われていた検査です。

8. 生活環境アレルギー検査
全てのアレルゲンを対象にした総合的な検査です。疑わしいアレルゲンについて検査します。

~ 歯科アレルギーの治療法 ~
お口の中のイオン化しやすく溶けやすい金属から順番に除去していきます。
金属を除去する際に鼻やお口から粉塵を吸いこんでしまうと、肺や腎臓に入り込み、腎炎や肺炎になる場合もありますので要注意です。

最後に、キレーション療法により体内のデトックスをして、溜まっている有害金属を排出させます。


~ 金属アレルギーデトックス ~
デトックスとは、排出、解毒のことです。
ナチュラルデトックスとメディカルデトックスがあります。

・ ナチュラルデトックス
ナチュラルデトックスは、サプリメントや食事療法、運動による発汗など生命活動を利用したデトックスです。自然で無理なくデトックスできますが、少々時間がかかります。

・ メディカルデトックス
効果を早く出したい場合、メディカルデトックスをお勧めします。今、美容皮膚科などで、ブームとなっているEDTA点滴キレーション療法などです。この療法は鉛中毒の人に行われていた歴史ある療法ですが、現在、アメリカでは、EDTA点滴キレーション療法が盛んです。

体内にEDTA薬液を点滴することにより金属の溶解率を高くし体内に蓄積された金属を尿中に排出させます。関節炎や動脈硬化のも使われる治療法で、最近、健康維持、アンチエイジングに使われ始めています。細胞の若返りと活性酸素除去、そして血管をきれいにしてくれます。

また、重金属や毒素は脂肪細胞に溜まるので、ダイエットで脂肪を燃焼させる事は、効果的なデトックスになりますし、デトックスをする事により身体の働きが活発になり酵素が正常に働き、脂肪の燃焼も期待できます。このようにメディカルデトッスは、ダイエットと一緒にする事で相互作用で治療と美容に多大な効果をもたらしてくれます。

120501c.jpg総じて、歯科金属アレルギーを治療するという事は、エイジングケアとしてとても大切な要因になっています。

Google +1

アミーズ歯科クリニック
理事長 酒井 暁美

アミーズ歯科クリニック 理事長 酒井 暁美

医院サイト:http://www.amies-dental.com/

アミーズ歯科クリニックは、開業以来総合美容歯科クリニックとしてこだわりをもってきました。
ぜひ、当クリニックにご来院ください。安心して治療を受けていただける空間で、患者様に喜んでいただけるような質の高い美容歯科をご提供します。

Google +1