2017年5月18日

Q.プラセンタ療法とは?

A.answer

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射などにより治療に用いる療法の総称をプラセンタ療法といいます。

 

Q.プラセンタとは?

A.answer

胎盤のことをプラセンタといいます。母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めて作られる臓器であり、役目を終えると母体外に排出される短期的な臓器です。

受精卵は、わずか10カ月の短期間に重さ3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。

胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮・若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されてきました。

 

Q.プラセンタ療法の成分は?

A.answer

タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子 サイトカイン 等です。

 

Q.プラセンタ療法の効果は?

A.answer
・歯科
歯周病 顎関節症

・皮膚
アトピー性皮膚炎発毛促進 じんましん 湿疹 ケロイドシミ そばかす しわ たるみ ニキビ 美白 美容 若返り

・婦人
更年期障害 動悸 不眠 月経困難症の改善 便秘 冷え性 生理痛 不妊治療

・整形外科
関節炎 神経痛 腰痛 五十肩 肩こり等

・耳鼻科
アレルギー性鼻炎 花粉症

・精神科
うつ病 神経症 自律神経失調症 不眠症

・その他
精力増進 滋養強壮 疲労倦怠改善 ホルモンバランスの調整 風邪予防 病中病後の体力回復

に効果があります。

 

Q.プラセンタ療法の適応は?

A.answer

病気という程ではないけれど、なかなか疲れが取れない、肌の調子が今一つ・・・・という時にも是非、お試し下さい。

プラセンタ注射をすることにより、血行が促進され、疲れた体が癒されます。体を本来あるべき状態に調整して若さを保つ、アンチエイジングにも絶大な効果があります。

 

歯科心身カウンセリング Q&A

アミーズ歯科クリニックでは、カウンセリングルームを設けております。 歯科恐怖症の患者さんや歯の悩みについて、いろいろ相談できるようになっております。 心身医療カウンセラーの院長、メンタルケア心理士の鈴木、トリートメントメントコーディネーター アドバンスインストラクターの福井が対応いたします。 安心してご来院ください。
歯のお悩み、その他の様々なお悩み相談だけに関しましては、特別なカウンセリング時間を設けております。
時間 カウンセリング料
30分 2,500円
1時間 5,000円
 

Q.プラセンタ療法の金額は?

A.answer

皮下注射(上腕部) 1回 ¥1,500

アンチエイジング治療

Q.アンチエイジング歯科とは?

A.answer

アンチエイジングとは、誕生したばかりの新しい学問分野です。
アンチエイジング は「抗加齢」 という意味です。医学的には予防医学の一種で、積極的予防医学 = アンチエイジング という位置付けです。

アンチエイジング歯科とは、老化に歯止めを掛けることであり、前歯などの審美回復によって外見的に若々しくなりますし、歯科疾患を治療したり予防することによって痛みの無い健康で快適な状態になります。

また咬合を回復させることによって肩こりや頭痛が治ります。唾液の分泌を促進させ、消化器官の機能促進の効果があります。

更に当院では、「毛髪ミネラル検査」「唾液検査」などを行って、体内のミネラルバランスや有害金属などを把握し、1人1人に合わせたアドバイスを行っております。

 

Q.毛髪ミネラル検査とは?

A.answer

有害金属蓄積度検査(毛髪ミネラル検査)
毛髪により、体内のミネラル成分を測定する検査が毛髪ミネラル検査です。
この検査により体内のミネラルバランスや有害金属による汚染状況などを把握する事が出来ます。毛髪は、日々の体内の栄養状態を記録している為、血液や尿よりも体内のミネラルバランスを正確に投影します。

■ 検査項目 ■


【有害金属蓄積度検査でわかる事】

有害ミネラルの蓄積度
必須ミネラルの過不足
身体の傾向 (疲労・ストレス・抜け毛・アレルギーなど)
補う必要のある栄養素
それらの栄養素を含む食事の献立など


検査結果に基づき、その方に合ったサプリメントの作成&指導を行います。


 

Q.老化とは?

A.answer
老化とは、年齢を重ねるとともに進行する体の様々な衰退現象の事です。
『加齢』は、時間の流れに沿った自然の現象の事です。老化と加齢は違います。

お口の老化度を簡単に測定できるシステムが構築されています。

検査内容は

歯の本数
飲み込み能力
歯周病の程度
唾液の量や質
咬合力

の5項目の測定で総合的に評価して判定します。


 

Q.唾液にはどんな効果があるの?

A.answer
唾液は一日1~1.5リットル【尿量と同じぐらい】分泌されています。

赤ちゃんのお口の中は、ダラダラと唾液でいっぱいですが、25歳を頂点として加齢とともに唾液の量は減少してきます。

唾液には沢山の大切な働きがあります。

1.洗浄作用
口腔内の細菌や食べカスなどを洗い流します。

2.緩衝作用
酸性に傾いたPHを中性に戻し、細菌の繁殖を抑える作用をします。

3.再石灰化作用
脱灰された歯質にカルシウムやリン酸イオンを補給し、溶け出した歯を修復します。

4.抗菌作用
細菌の発生を抑制します。唾液にはリゾチームやぺリオキシターゼといった抗菌物質が含まれています。これが粘膜を保護します。

5.保護作用
ペリクルを形成し舌や口の中の粘膜を潤し、乾燥から歯を保護します。
ドライマウスになるとこの作用がなく苦しくなります。

6.粘膜保護作用
酵素、ムチンです。納豆やオクラに入っています。

7.消化作用
唾液に含まれる、α‐アミラーゼという酵素がでんぷんを消化する作用があります。

8.上皮成長因子EGF、神経成長因子NGF、グロスファクターなどの成分があり、上皮を回復・修復・再生を活性化させます。

9.抗酸化作用
酵素ペルオキシダーゼによって、発ガン作用が低下します。
直接的には食品添加物や食品のこげ、たばこのヤニから守ります。

10.潤滑作用
口の中の食べ物を唾液で濡らすことで、喉を通りやすくする作用があります。口の中を潤し、声が出る発声を滑らかにする作用もあります。

11. 味覚作用
食べ物を感じやすいように、味覚物質を溶かす作用があります。

このように唾液にはとても大切な働きがあります。
そしてアンチエイジングにとても効果的です!
ガムを噛んだりする事によって唾液腺が刺激され唾液の分泌が促進されます。
口腔周囲筋をトレーニングする事によって唾液の分泌を促進する事ができます。

ということで、当医院では『液体エナメル』といわれている唾液の分泌量をホワイトニング後のトリートメントケアやクリーニング後のガムマッサージ、お口の周りの筋肉のマッサージをする事によって促進するようにしています。

先日行われた日本歯科審美学会においても、この重要性をとりあげていました。

 

Q.口元のトレーニングがあると聞いたのですが?

A.answer

見た目の年齢を左右する顔、そこに皺や弛みが出来ない為のエクササイズです。皺や弛みは、顔の筋力の低下によって起きる現象です。

体同様に、顔の筋肉も使わなければ委縮してしまいます。顔の筋肉の約70%は、口の周りに集中しています。その為、口の周りの筋肉を適切な方法で鍛える事により、皺や弛みの無い若々しい容貌をいつまでも保つことが出来ます。

当院では、顔の若さを保つ為、フェイシャルエクササイズを行っております。顔の筋肉を、バランス良くトレーニングする事で、皺や弛みを予防するだけでなく、若さを保ち老化を防ぐ唾液の分泌を促進させる事にもつながります

 

Q.ノンメタル治療とは?

A.answer

お口の中の貴金属は、老化に深く関わっています。免疫力の低下、お肌の老化、活性酵素によりDNAの障害などを引き起こします。

ノンメタル治療とは、お口の中から金属を取り出し、体に優しい材質で再修復し老化を防ぐ治療です。セラミック系の材質を多用しますので、審美的にも美しいです。

PMTC 、ホワイトニング、インプラントも、アンチエイジングの治療の1つです。

 


Q.ノンメタル治療の症例がみたい?

A.answer

症例1


症例2


症例3


金属をお口の中から除去することによって金属アレルギーが軽減されます。