2017年4月18日

審美治療

Q.審美歯科治療とは?

A.answer

審美歯科とは、美しさ、きれいな口元に焦点を当てた総合的な歯科治療です。

機能と審美、その両方に焦点を当て、患者様それぞれの歯並びと、その人の顔にマッチさせた口元の健康美を求めていきます。前歯の矯正、歯肉の整形といった様々な治療があります。

「歯にコンプレックスがあって自信が持てなかった」そんな方にぴったりの治療法です。

「きれいな美しい歯」「きれいな口元」を手に入れて自信に満ちた笑顔を作りましょう。

Q.審美治療の種類を教えて下さい

A.answer

当クリニックで行っているのはこちらになります。

オールセラミック(ジルコニア)
白い金属といわれるジルコニアは、高強度・耐久性・耐腐食性・生体親和性など、過酷な状況下での口腔内に最適な高強度型セラミックです。体にとてもよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の材料として注目を集めています。金属を内面に使っていない陶材100%の物なので、透明感があり、ごく自然な色調が得られます。特に金属アレルギーの方や、歯茎の黒ずみが気になる方にお勧めです。

e-MAX(ジルコニア)
ジルコニアと並んで注目されている人気の高い素材です。
「empress max」「エンプレス・マックス」の意を持つシステムです。被せもの全体がガラス(ニケイ酸リチウムガラスセラミック)を主成分にしたセラミックでできているもので、とても透明感のが高く色調もきれいです。本来の天然歯と同じか、それ以上の色調・形態を再現します。 金属を使用しないため金属アレルギーの心配はいりません。

セルコンZ冠
「セルコンZ冠」とは新素材「セルコンht」と先端デジタル技術で作製する体にやさしいフルクラウン&ブリッジです。色調が3色からと決まっているので低価格になります。土台を使用しない素材の為、天然歯を削る量が少ない治療ですみます。 また金属と同等の強度なので、丈夫で長持ちで、奥歯の治療にも適しています。

ダイレクトクラウン
ダイレクトクラウンとは、即日完了できるハイブリットセラミックです。
金属を一切使用していない体に優しい素材でできています。

ハイブリットセラミック
ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた材料で、クラウン(被せ物)やインレー(詰め物)に使用されます。

色調はオールセラミックには及びませんが、天然の歯に近く、硬さも歯と同程度なので噛み心地に違和感がありません。

オールセラミックに比べて耐久性が少し劣り、時間が経つと多少変色が見られます。

保険適用外の方法ですが、オールセラミックよりも低価格で治療することができます。内面に使用する金属には、金主体の物と金とその他の金属との合金の物がありますが、金の含有量が多い金属を使用するほど体に対する異害作用は少なくなります。

ラミネートベニア
歯の色が先天的に変色している場合、クリーニング・ホワイトニングでは歯の白さに満足しない場合歯並びを改善したい場合の治療方法がラミネートベニアです。

治療方法は、歯の表面のエナメル質を0.4~1.0mm程度削り、セラミックを薄く付け爪の様にした物を張り付けます。被せる方法に較べ、削る歯の量は最小限で済みます。歯の根(神経)の治療がなければ、2~3回の通院で済みます。

Q.審美治療の期間は、どのくらいですか?

A.answer

歯の根の治療がない場合は、2回で終了する場合もありますが、神経の治療が入れば数回掛かる場合もありますので 来医院してからの相談になります。(レントゲン写真を精査して判断いたします。)

Q.銀歯をかぶせていたのですが、それを白くできますか?

A.answer

銀歯を取り外し、ジルコニアクラウンでかぶせることで天然歯のような白さ、あるいはそれよりも白くできます。様々な種類がありますのでお問い合わせください。

Q.以前に虫歯の治療をして神経を抜いた歯がだんだん黄ばんできましたが、きれいになりますか?

A.answer

一度神経を抜いてしまうと象牙質が徐々に変色し始めます。

ラミネートベニアや、ホワイトニングで周りの歯と同じ色にすることは可能ですが、被せた方がいいかと思います。

よりお口元を白くしたいのであれば、ほかの部位を何度かホワイトニングし、その色に合わせてジルコニアクラウンにすることをおすすめいたします。

Q.セラミックのかぶせ物をした後、噛み合わせが高いような気がします

A.answer

噛み合わせが高いと感じた場合は調整いたします。

周囲の歯と同じ咬合圧を保つようにしっかり調整いたします。

入れた直後は、高く感じても時間と共に歯根膜のバランスが整い、なじむ場合もあります。

Q.もっとひどくなってから治療したほうがいいのでは?

A.answer

ヒアルロン酸・ボトックス・レーザーなどの治療は症状を改善するだけでなく、しわやたるみがひどくならないようにする老化予防の働きがあります。

症状がひどくなる前に始められた方が少しの施術で改善されますので、一層良い状態に保つことができます。

Q.ヒアルロン酸ってなに?

A.answer

ヒアルロン酸は元々、人体に存在する細胞外気質の多糖類です。特に皮膚、関節、眼球などに多く含まれていてたった1gのヒアルロン酸で6Lの水を含むことができます。保水力にとても優れていてお肌のハリや弾力を保っています。

若いうちは体内ヒアルロン酸量も豊富なだけでなくコラーゲンやエラスチンといった物質も豊富でみずみずしくハリ・ツヤのある肌を維持しています。

しかし加齢と共に体内のヒアルロン酸を作る能力は衰えて、徐々に減少してしまいます。ヒアルロン酸が減ると肌のハリが失われ、しわやたるみの原因になります。

そこで活性ヒアルロン酸という体内に元々備わっているヒアルロ酸を気になるしわやたるみ、凹みなどに注射してハリを出したり、しわを改善するのがヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸はよく基礎化粧品に含まれていることがありますが、化粧品に配合されているヒアルロン酸は皮膚からは吸収されません。 高い保水力によって皮膚表面の潤いを保っているのです。

Q.どのような効果がありますか?

A.answer

活性ヒアルロン酸の注入で期待できる効果とは、シワの改善だけでなく水分補給、皮膚のハリ、ツヤの改善、顔色の改善、皮膚弾力の強化、若々しい滑らかな肌、細胞交換、細胞活動の増加、皮膚機能強化、コラーゲン、エラスチンと内在ヒアルロン酸との相互作用による細胞の活性化の期待もできます。

Q.注射用ヒアルロン酸にはどんな種類がありますか?

A.answer

大きく分けて関節治療用と美容医療用があります。大きな違いは吸収速度です。

関節治療用ヒアルロン酸は関節痛の治療などに使用される製剤で、長い歴史があり安全性が確立されています。そぐに吸収されて効果がなくなってしまうことが欠点です。

美容医療用ヒアルロン酸は安全性はそのままに、分子同士を架橋させたり自己のコラーゲンなどを増殖させる成分をプラスするなどして、効果が長く持続するようにされています。

分子の大きさや架橋の有無などで様々な製品があり、アミーズ歯科クリニックでは何種類かのヒアルロン酸製剤をご用意しています。使用する製剤は肌やシワの状態、ご本人の生活スタイルなどに合わせて使い分けさせていただいております。

Q.どんな種類のヒアルロン酸を扱っていますか?

A.answer

当クリニックでは、

IAL-SYSTEM ACP
イタリアの世界シェア3位を誇るヒアルロン酸メーカーです。50年以上の経験と全世界3000万人の治療実績でその信頼性を証明している最新のヒアルロン酸です。

X-HA
フランス製のヒアルロン酸メーカーです。後発ながらも他社製品をグローバルに研究して開発された美容業界では一時期話題を独占した完成度の高いヒアルロン酸です。欧米各国では患者様からの指名のあるトップブランドとして定着しています。

TEOSYAL PureSense
スイス製のヒアルロン酸メーカーです。主に刺入箇所が2か所だけのカニューレ法に用います。皮内注入法とメソセラピーの中間に位置する新たな治療コンセプトです。理想的な濃度のヒアルロン酸に加え低刺激で医薬品グレードの8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種類のミネラルおよび1種類のビタミンによる複合成分を加えた広範囲の皮膚再構成に対する効果が望めるマテリアルです。さらに、リドカインが入っているので治療(注入)時の痛みを軽減します。

Q.ヒアルロン酸注射でたるみはなくなりますか?

A.answer

ホウレイ線や目の下のたるみに伴うクマをヒアルロン酸で目立たなくすると、リフトアップしたように表情が明るくなります。

またヒアルロン酸をお顔の広い範囲に注入する水光注射(ダーマペン)を定期的に行うことで、たるみを予防する効果があります。

ブルドック状にたるんでしまった頬には、ヒアルロン酸はあまり効果がありませんが、こういったたるみには、ボトックスなど他の治療が効果的です。

Q.ヒアルロン酸注射は何から作られていますか?

A.answer

化粧品に配合されているヒアルロン酸は、にわとりのトサカから作られることが多いですが、注入用のヒアルロン酸はバイオ技術で精製された非動物由来製剤で感染の心配がなく安心です。

Q.ヒアルロン酸注射は痛いですか?

A.answer

当クリニックでは、治療部位にオリジナル麻酔クリームを使います。

通常の医療用麻酔クリームは2%程度ですが、オリジナル麻酔クリームは18%と濃度が高くなっていて敏感肌の方にもお使い頂けます。

また注入時に、使用する針は製剤によって変えますが、最も細い針を使い痛みを最小限に抑えています。

Q.値段がクリニックによって違うのはどうしてですか?

A.answer

ヒアルロン酸注射は健康保険の適用にならず、決められた料金設定はありません。それぞれのクリニックが見合った料金を設定するため医療施設によって値段が異なります。

当クリニックでは、世界的に品質の認められた製剤だけを使用しいわゆる安く仕入れられる製剤は扱っておりません。

最良の製剤を使い、施術の満足感と、料金の満足感を持っていただけるような歯科オリジナルのシステムとなっております。

Q.一度ヒアルロン酸を注射したらその後ずっと注入し続けなければいけませんか?

A.answer

もちろん一回でお止めになっても問題ありませんが、また元に戻ってしまいます。レベルの高い美しさを維持させるためには定期的な注入を繰り返した方がいいと思います。

ヒアルロン酸を定期的に注入することは見た目を整えるだけでなくご自身の肌状態を若々しく保つために効果的であることがわかってきています。

ヒアルロン酸自体は徐々に吸収されて約1年後には完全に分解されてしまいますが、注入されたヒアルロン酸の周りで、自己のコラーゲンが増殖することが最近の研究で証明されました。

何もしなかった1年後よりも、ヒアルロン酸を注入していた1年後の方が若々しい肌の状態を保つことができるのはそのためです。

Q.ヒアルロン酸は繰り返し注射しても害はないですか?

A.answer

体に害はありません。よりお肌が潤ってきます。

Q.治療後に気を付けることはありますか?

A.answer

ヒアルロン酸を注入した後は、通常の日常生活を送ることができます。

お化粧も治療後すぐにでき、入浴、運動、飲酒も問題ありません。

副作用はありますか?

A.answer

ヒアルロン酸の副作用といえば、針を使用するため内出血を起こす可能性があるくらいです。

技術の向上・極細針の使用によりある程度、内出血が起こることは少なくなりましたが、内出血が起きやすい体質の方もいらっしゃいますので、初めての方は1~2週間程度大切な御用のない時を選んだほうがいいかと思います。

Q.ヒアルロン酸を注入した後、次はいつ追加注入できますか?

A.answer

ヒアルロン酸はいつでも追加注入することができます。周りに気づかれないように少しずつ注入することもできます。症状が気になった時が注入時です。

Q.もっとひどくなってから治療したほうがいいのでは?

A.answer

ヒアルロン酸・ボトックス・レーザーなどの治療は症状を改善するだけでなく、しわやたるみがひどくならないようにする老化予防の働きがあります。

症状がひどくなる前に始められた方が少しの施術で改善されますので、一層良い状態に保つことができます。

Q.ヒアルロン酸の効果がどれくらいですか?

A.answer

自分の体の中で作られた自己ヒアルロン酸は2~3週間程度で代謝されてしまいます。絶え間なく、新たなヒアルロン酸が作られて体内のヒアルロン酸量をキープしています。

一方、注射用ヒアルロン酸は製剤の種類や、注入技術、個人差、注入量で差はありますが約1年ぐらい効果が持続します。

これは注入されたヒアルロン酸の吸収を遅くして効果が長く持つように分子と分子の間に人工的な架橋を作るなど、最新技術で特殊処理されているからです。

Q.飲むヒアルロン酸は効果がありますか?

A.answer

口から摂ったヒアルロン酸は体内で細かく分解されてから吸収され、その一部はヒアルロン酸をを作る材料になります。

そのまま、肌のヒアルロン酸になるわけではありません。ヒアルロン酸をいくら飲んでも、すぐにお肌のヒアルロン酸を増やすことは難しいと言えます。

Q.塗るヒアルロン酸は効果がありますか?

ヒアルロン酸は非常に分子が大きくて、肌の上に塗っても肌のバリア機能にガードされて肌の奥に浸透しません。

しかしながら、ヒアルロン酸は保湿機能に優れているため保湿効果が期待できます。

Q.昔、入れた前歯の被せ物の歯茎が黒ずんできましたが 治す方法ありますか?

A.answer

いろいろなケースがあります。歯茎の中に金属が入り込んでしまったいわゆるメタルタトゥーはレーザーで取り除くことができます。

歯茎が下がって、中の土台の金属やセラミックの内面の金属が見えているようであれば、金属を使用していないオールセラミッククラウンに変える事によってより天然に近く、しかも綺麗な歯茎を作りあげることができます。

Q.審美治療後のお手入れの方法はどうすればいいですか?

A.answer

だいたい3ヵ月毎の定期検診を行って頂きます。

専門の衛生士が、除石・クリーニングをし、装着した物が長持ちする様に、患者さんに合った磨き方を指導していきます。

Q.審美治療の保証期間は?

A.answer

定期検診を行い、歯周病に罹患していなければ5年間の保証を致しております。

Q.審美治療費はどのくらいですか?

A.answer
治療項目 消費税別料金
クラウン オールセラミック オールセラミック(ジルコニア) 120,000円
オールセラミック オールセラミック(e-max) 85,000円
ラミネートベニア ラミネートベニア 120,000円
プレミアム冠 プレミアム冠 60,000円
セルコン セルコン 50,000円
ダイレクトクラウン ダイレクトクラウン 38,000円
ハイブリッドセラミックス ハイブリッドセラミックス 55,000円
ファイバーコア ファイバーコア 10,000円
インレー インレー ハイブリッド(大) 45,000円
インレー ハイブリッド(小) 35,000円
インレー セラミック(大) 50,000円
インレー セラミック(小) 40,000円

Q.

Q.審美歯科治療の症例がみたい

A.answer

症例1 金属が気になるという患者様

ホワイトニングを含め、ジルコニアを使ったトータル治療を行いました。

                  
    【術前】                     【術後】


症例2 ジルコニアの症例

歯と歯茎に隙間が見えはじめ、歯の間も虫歯で黒ずんでいた患者さんです。ホワイトニングをし、ジルコニアで修復しました。これからもホワイトニングを重ねていく予定です。

    【術前】                     【術後】


症例3 ジルコニアの症例

前歯4本の色、形、歯茎のふちが気なっていた患者さんです。
ホワイトニングをし、犬歯の位置と調和するように4本のジルコニアをいれました。とっても上品な口元になりました。

    【術前】                     【術後】


症例4 ジルコニアの症例
歯周病で前歯がぐらぐらしていた60代の患者さんです。
歯周治療を行い、年齢にかかわらずホワイトニングをしました。そして、3本のジルコニアを使いました。若々しくなりました。

    【術前】                     【術後】


症例5 前歯の離開の症例
ホワイトニングを行い、ジルコニアで歯列を整えました。

    【術前】                     【術後】


症例6 歯と歯の間が離開している症例
矯正をせずに済みました。ジルコニアを使っています。
歯周病手術を部分的にし、奥歯も前歯も自然な歯並びと機能を回復しました。ホワイトニングで他の歯も白くしています。トータル治療です。
60歳代の患者様、治療後は大満足でした。

    【術前】                     【術後】


症例7 歯の黒ずみが気になって来院された症例
上の前歯4本をジルコニアで修復、歯の幅を自然に見えるように小さくしています。(カメラが治療後最新のものになったので、撮り方が違いますが、同一人物ですよ。)
審美治療では、犬歯まで6本ジルコニアにしてしまいがちです。
大事な犬歯に手を加えず、お口全体のタータルバランスをとり、4本の修復ですみました。

    【術前】                     【術後】


症例8 前歯が突出し、歯茎の色、歯の色が気になって来院された症例
前歯2本をジルコニアで修復、ホワイトニング2回、歯茎のメラミン色素をレーザー除去、平行して歯肉炎の治療を行いました。
歯茎が回復した後、根元の虫歯はダイレクトで修復しました。

    【術前】                     【術後】


症例9 前歯の着色が気になるという患者様
ホワイトニング、ジルコニア、グラディアダイレクトで修復しました。
前歯2本をジルコニアで修復してしまうところ、1本だけの処置でこんなにキレイになりました。

    【術前】                     【術後】


症例10 前歯の突出感と色が気になるという患者様
ホワイトニングとジルコニアできれいになりました。
前歯6本をオールセラミックにしてしまうところ、2本だけ新しくして前歯のバランスをとっています。

    【術前】                     【術後】


症例11 仮歯がすり減り噛み合わせが崩れてしまった患者様
噛み合わせを上げ、すべてジルコニアで回復しました。
顎の状態も良好です。

    【術前】                     【術後】


症例12 仮歯がなくて前歯で噛めないという患者様
骨がないところでもハイブリットセラミックでカバーしました。
この写真は歯肉整形をしていませんが、現在はこのように歯肉や骨のない所にも再生療法を使用し、更に審美性の高い治療を行っています。

    【術前】                     【術後】


症例13 歯並びが斜めになっている患者様
歯ぐきの位置の修正と歯軸の修正をしました。
ホワイトニングとジルコニアできれいな口元になりました。
審美ちりょうでは、前歯4本をジルコニアにしてしまいがちですが、ご自身の歯をできる限り使用して頂きたい為、形態修正を加え、2本のジルコニアですみました。

    【術前】                     【術後】


症例14 タバコのヤニによる着色と前歯の統一感のない色が気になっていた患者様
歯周病の治療を行いホワイトニングした後にハイブリットセラミックで修復しました。キレイになりましたので、これをきっかけにおタバコは止められてます。

    【術前】                     【術後】


症例15 ハイブリッドインレー症例
金属が目立つというので、白くしたいという方がたいへんいらっしゃいます。

    【術前】                     【術後】

・金属が目立ちます。
・アレルギーの原因にもなります。

症例16 ハイブリットインレー、グラディアダイレクトの症例
金属アレルギーもありお口の中に金属が入っているのが嫌という患者様です。ハイブリットにかえました。体も軽くなりアレルギー症状も軽減されてきています。

    【術前】                     【術後】



症例17 ファイバーコアの症例

金属の芯をいれていた為に歯茎が黒ずんでいた症例も、グラスファイバーの白い芯に変える事によって、歯茎の黒ずみが解消されます。

    【術前】                     【術後】

奥歯に白い芯を入れました。

症例集

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

隣接する健康な歯に少しの形態修正をする事によって、最小限の被せ物ですむというテクニックが当クリニックの特徴です。
健康な歯は、そのまま使いたいですから。