2017年4月30日

2017年4月29日

Q.ダーマペン(マイクロニードル療法)とはどういうものですか?

A.answer

ダーマペン(マイクロニードルセラピー)とは、マルチプルニードルを用いて、皮膚に垂直に微細な針穴を形成する医療機器(アメリカFDA認可)です。

傷を修復する治癒能力と同じ作用で、皮膚の再生・若返りを図ることができます。ダーマペンは従来の類似機器(ダーマローラー)と比べて表皮への負担が少なく、痛みや出血は格段に小さくなっています。

真皮層を刺激し、様々な増殖因子が生まれ、お肌の入れ替えに必要な真皮内のコラーゲンを増加させるアンチエイジングです。
 

2017年4月28日

Q.ダーマペンにはどのような効果があるのですか?

A.answer

ダーマペンとは、表皮と真皮内のコラーゲンの増生を促す施術のことです。コラーゲン増生によって、他の治療法では難しいニキビ痕、妊娠線・肉割れの改善、毛孔性苔癬 、シワ・タルミの改善、傷跡の改善、薄毛の改善などに効果を発揮します。
 

2017年4月27日

Q.ダーマペンはどのくらいの間隔ですると良いのですか?

A.answer

ダーマペン(マイクロニードル療法)は真皮に傷をつけ、それが修復する過程で効果がでてきますので、一か月程度は開けた方が良いでしょう。急ぐ場合でも3週間は開けることをお勧めします。
 

2017年4月26日

Q.ダーマペンとフラクセルとの違いはなんですか?

A.answer

ダーマペン(マイクロニードル療法)は針で、フラクセルはレーザーの熱エネルギーで皮膚に細かい穴を開けていくもので、ほぼ同じになります。

熱を発生するフラクセルと比べダーマペンの方がダウンタイムが短いこと、同時にプラセンタなど導入できることがメリットとなります。
 

2017年4月25日

歯周病治療

Q.歯周病とはどういう病気ですか?

A.answer

歯そのものを傷める虫歯と違い歯周病は、歯を支える周りの組織(歯周組織)に起こる病気です。歯を支えている骨(歯槽骨)が、慢性的になくなる病気です。

 

小児歯科治療

Q.どんな病状がありますか?

A.answer

歯ぐきが腫れる、膿が出る、歯が動いてきた、お口がにおう、ねばねばする、冷たいものがしみる、しっかり咬めない。咬むと、じわじわ痛むなどの症状があります。

 

Q.子供達は治療を怖がりませんか?

A.answer

特に急性炎症でないかぎり、少しずつ慣れさせていきます。
どんなに号泣して、治療を拒んでいる子供も数回の来院で『歯医者さん大好き!』になります。

----- コルクボードは、子供チャン達のお手紙でいっぱいです。---------------------------













 

Q.歯周病は全身に影響すると聞いたのですが?

A.answer

お口の中の歯周病菌と歯周病で生まれてきた成分が体内に広がって全身の病気を誘発します。

私たちのお口の中には健康な人の場合でも約300種類数、数にして2億個 とも言われる微生物がいて周りの環境に応じて悪玉になったり善玉になったりしています。悪玉微生物が口の中に増えて虫歯、歯周病を引き起こします。

それらの悪玉微生物がのどから 気管支、そして肺に入り込んだり歯茎の中の血管にもぐり込んで血液とともに全身の臓器へ運ばれて いったりすることがあります。

さらに歯茎の炎症のある場所で作られた成分(ケミカルメディエーター)も 同じように全身に散らばります。そしてこれらが全身の病気を誘発し死に至ることもあります。 そのように歯周病は全身と関わっています。

 

Q.歯周病の原因はなんですか?

A.answer

口腔内に常住している細菌の中の特異的な細菌による混合感染と考えられています。

細菌は、ブドウ糖などを栄養に繁殖し、歯の表面にたまってきます。それが唾液の中に含まれているカルシウムや細菌の老廃物などを取り込み、歯石となります。歯石は接触している歯ぐきに炎症を起こします。これが歯周病の始まりです。

 

Q.子供の治療費はいくら掛かりますか?

A.answer

基本的には保険診療です。
虫歯の少ないお子さんのフッ素塗布(虫歯予防のお薬) ¥3,000位です。
半年に1度の割合で塗布していきます。
矯正の場合は、保険は適用されません。(参照 矯正治療)

 

Q.歯磨きの仕方は?

A.answer




 

Q.歯周病にはどんな治療法がありますか?

A.answer

最初に原因となっている歯石をとります。患者さんにはより効果的なプラークコントロールを身につけて頂きます。さらに歯茎の深いところについている歯石を機械とレーザーで取っていきます。だいたい初期の歯周病であれば改善できます。もっと重症な歯周病の場合、外科手術となります。

以前では、歯周病になると歯を抜いて入れ歯という治療が一般的でした。しかし、現在では歯周病の原因と予防法が解明され、一度失ってしまった骨も、歯周病最新治療であるGTR法GBR法等の治療を行うことにより骨を再生させることが可能になりました。

(1)GTR法(歯周組織再生誘導法)
(Guided・Tissue Regeneration technique)
歯根の周囲の骨の吸収した部分位に骨の再生を促すために、テトロン製の薄い膜を使います。
歯根の周りに穴が開いているような骨の吸収部位を膜でふたをして、膜の内側に骨の再生を期待します。使用する膜は吸収性膜と非吸収性膜がありますが、歯周病の病態も考慮して選択します。保険適用です。

(A)組織再生用吸収メンブレンと非吸収メンブレン


歯周病によって失われた歯と歯の周りの組織の付着を再生させるという治療法です。生体吸収性の膜を使う事で、膜を摘出する為の2次手術から解放されました。

(B)エムドゲイン法(歯周組織再生誘導材料:EMDOGAIN)


エムドゲインの主成分は子どもの頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種です。これを歯周組織をきれいにした後、歯の根に塗ることにより歯の発生過程に似た環境を再現します。この結果、歯や歯周組織を再生させます。

(2)GBR法
GBRは歯周組織再生法の1つであるGTR(Guided Tissue Regeneration)と同様に人工の膜を用いて骨再生のスペースをつくる方法で、中に移植骨、骨代替材、PRP等の誘導因子などを封入して骨の強度や密度を向上させる方法。

昔から行なわれている自家骨移植は現在も臨床的に有効な方法で、骨増量法のゴールデンスタンダードと言われています。しかし、骨の採取するためには手術部位以外への侵襲と採取できる骨の量に限界があることが問題となります。

そこで、バイオス(Bio‐Oss)、ピュロス(DBM Puros)などが骨代替材として使用され効果をあげています。

(3)DDS療法
近年医学領域において、抗癌剤などの薬剤を生体内局所で徐々に放出させるドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が進められています。抗菌剤配合徐放性歯周ポケット挿入剤が、治療、予防に有効です。

・テトラサイクリン系抗菌剤
・ニューキノロン系オフロキサシン製剤
・ニューキノロン系スパルフロキサシン製剤

(4)3DS療法
歯周病に3DS(歯科薬剤到達システム)療法

歯型に合わせた樹脂製マウスピースの内側に抗菌剤を塗り、1日5分間歯にかぶせる方法です。
歯周病にかかると、歯茎の腫れ、出血を伴う歯肉炎や歯を支える骨などの組織が破壊させる歯周炎が起こり、悪化すると歯を失うまでに至ります。歯の表面や歯茎のすき間で増殖する歯周菌が原因で成人の8割に症状があるとされています。

最近の研究では、歯周病菌は血管に入り込んで体内を巡り、糖尿病の悪化要因や、心筋梗塞の引き金になる可能性があることもわかってきました。

歯周病菌が増殖すると、日常的な歯磨きでは除去できません。歯周病菌は本来、酸素に触れると死滅する弱い菌ですが、糖類などでできた無色のネバネバした膜(バイオフィルム)を形成し、その中で増殖します。

バイオフィルムは歯ブラシでは取れないため、歯科での専門な治療が欠かせません。細菌の死骸などが固まった歯石を除去した後、専門の器具で研磨剤を塗った歯の表面を磨き、バイオフィルムを除去します。この研磨の操作は「PMTC(歯面清掃)」と呼ばれます。

しかしそれでも取りきれない歯周病菌もあります。
この歯周病菌を徹底的にとる方法が3DS(ドラックデリバリーシステム)です。

マウスピースの内側に抗菌剤を塗ります。1日5分、歯にかぶせ、1週間続けるとPMTCで破損したバイオフィルムの間から薬が染み込み歯周病菌を退治できます。

様々な種類がある歯周病菌のうち歯周病と密接に関係するのは4種類あります。抗菌剤を使っても菌を完全無くすことはできませんが、歯周病菌が口内の総菌数のそれぞれ0.1~0.2%程度であれば歯の健康を保てることが分かってきました。

治療後は丁寧な歯磨きを心がけ数か月ごとに通院して磨き残し部分の清掃などを行うことで歯周病菌の増殖を抑えることができます。

PMTCと3DS、フォトダイナミックセラピー(PDT)を取り入れた治療は、当クリニックにおいて最大限に歯周病菌を減らす効果的な治療法だと思います。

 


Q.歯周病の治療症例

A.answer
症例1

症例2 セラミッククラウン・歯周病治療の症例
歯周病に罹患した場合も治療する事によって歯並びを改善し、ガタガタだった下の前歯もセラミッククラウンによって奇麗に若返ります。奥歯は針金タイプの仮義歯が入っていますが(咬合改善の為)、次回、針金がない審美義歯 Artifical Tooth を作る予定です。

症例3 上の前歯がグラグラして歯周病に罹っている症例
歯周病治療を行いました。こんなに綺麗になりました。オールセラミックではないのですが、超微粒子ハイブリッドのシンフォニー(¥55.000)という、セラミックとは違う材料を使用しています。70歳代の患者様ですが、とても若々しくなりました。

症例4 全体的な歯の動揺があり、重度の歯周病の患者様
歯周再生療法を行い、動揺を抑えました。さらにホワイトニングを行う事により、モチベーションもあがり、今では綺麗な歯ぐきを手に入れてます。下の義歯は噛み合わせを上げる為のもので、これから針金のないタイプを入れる予定です。

症例5 歯周病によって歯と歯の間が離開している症例
骨移植手術を行い、歯肉が改善したうえで、最終的にはハイブリットタイプのクラウンを入れました。

 

Q.ダーマペンでコラーゲンが増加するのはなぜですか?

A.answer

ダーマペンは皮膚に垂直に微細な針穴を形成する医療機器です。この微細な針が真皮を穿通すると極小の傷ができます。

皮膚の細胞からはこの刺傷に反応し様々な増殖因子が分泌され、それによってコラーゲン繊維が増生されていきます。
 

矯正治療

Q.矯正歯科治療とは?

A.answer

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。

しかし歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善したり、食べ物をしっかりとかみ切り噛み砕けるようにするという目的もあります。しっかりとバランスよく噛めるようになることによって全身とかみ合わせのバランスがとれるようになります。

その他には歯のガタつきをなくすことにより歯の清掃性を良くし、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。

 

Q.どのような場合に矯正治療が必要なのですか?

A.answer

矯正歯科治療とは、悪い歯並び・噛み合わせを矯正して健康で美しい歯並び・噛み合わせに改善し、口元や顔全体の形を整える歯科治療です。

・悪い位置にある歯を骨の中で少しずつ動かして美しい歯並び
・良好な噛み合わせに改善します。
・上下の顎のバランスの改善を図ります。
・口腔内の衛生状態の改善・向上を図ります。
部分的な矯正と全体的な矯正があります。

部分矯正治療
1歯から数歯のみ治療が必要な場合。軽いねじれや隙間を閉じるような治療、あるいは一般の歯科治療で下記の事が必要な治療です。
クラウン(冠)・ブリッジ・インプラント・義歯などを適切に入れる為に、必要な歯の移動や噛み合わせを改善したり、歯周病の治療やその後の口腔衛生環境を整える為の歯の移動や噛み合わせの改善します。

全体矯正治療
上下顎のすべての歯を動かす必要がある治療です。混合歯列期(乳歯と永久歯が混ぜっている時期)であっても、顎や奥歯の位置関係の改善や歯列の幅を拡大する場合は、この時期から全体治療を始めます。

 

Q.なぜ矯正治療は必要なのですか?

A.answer

歯並びが気になるかたは多くいらっしゃると思います。残念ながら、(特に成人においては)放っておいても良くなる事はほとんどありません。

歯並びが悪いことで、

・歯磨きがしづらい⇒虫歯、歯周病になりやすい
・食べ物を噛む時に、効率が悪い
・発音しづらい音がある
・成長期には顎(あご)の成長に悪い影響を与える恐れがある
・歯並びがコンプレックスとなることがある
などの不具合が生じます。

矯正治療を受けて歯並びを整えることで、

・きれいな歯並びになる
・よく噛める、発音が改善される
・バランスのとれた顔立ちになる
・歯みがきがしやすくなる
・などが期待できるのです。

 

Q.子供の矯正治療は、いつ頃始めたらよいのですか?

A.answer

お子様の歯並びが気になったら、まずご相談下さい。適切な開始時期は症例によって異なります。

子どもの矯正治療は2段階治療となります。

第一期治療

(3~12歳)歯列やあごの骨の成長・発育にアプローチしていく矯正治療です。顎の成長を期待することができる時期を利用して大人の歯がきれいに並ぶように整えていきます。同時に上顎と下顎のバランスをとっていきます。また、成長に悪い影響を与えるような位置に生えてきた大人の歯を、改善することもあります。
第二期治療(10歳~成人)

大人の歯を整えていく矯正治療です。
この2段階の治療の目的は異なります。

 

Q.矯正治療は痛くないのですか?

A.answer

歯へ力を加えることで、歯は骨の中を少しずつ移動していきます。それに伴い多少の痛み、違和感が生じることがあります。できるだけ、歯やその周りの組織に負担が少ないような力を加えていくので、痛みは最小限に抑えられます。

ただ、痛みには個人差がありますので、最初から全く痛くない方から、歯が浮くような感じがした、噛む時に少し痛かったなどといった症状をおっしゃる方もおられます。そのような症状も、次回の治療まで続くのではなく、2~3日で和らいでいきます。

 

Q.長期間かかるのですか?

A.answer

通常の矯正治療は、1年半から2年半です。
また、子供の場合、基本的には大人の歯が生えるまで治療を行いますので、長期になる場合があります。ただし、その場合は途中 2~3か月に1回程度の通院になる成長観察期間があります。


 

Q.部分的に小さい矯正はできますか?

A.answer

1歯ないし数歯のみの治療が必要な場合が、部分矯正です。

また、

・クラウン(冠)、ブリッジ、インプラント、義歯などを適切に入れる
・歯周病の治療や、その後の口腔衛生環境を整える
など、一般の歯科治療をより良いものとする目的のために歯を動かす場合も、部分矯正が有効です。治療期間は、3ヶ月から1年程度です。


 

Q.通院の頻度はどのくらいですか?

A.answer

装置により異なりますが、基本的には通院は3~5週間に1度です。
つまり1か月に一度の通院が基本になります。


 

Q.目立たない矯正装置はありますか?

A.answer

色々な装置がありますが、特におすすめなのは、マウスピースを使った当院で行っているインビザラインという目立たない装置です。

是非、ご相談下さい。


 

Q.インビザラインとは?

A.answer

この矯正方法は、コンピューターを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)に付け替えることで歯列を矯正していきます。

透明な装置ですので、装着してもほとんど目立ちません。

また、必要に応じて取り外すことができます。3D画像で最終的な歯並びになる歯列と期間がわかります。


 

Q.どんな方におすすめですか?

A.answer

・営業職、接客業、アナウンサーのような人前に出る機会が多い人
・固定式の装置に煩わしさを感じる人
・普段と同じようにおいしくお食事を楽しみたい人
・金属アレルギーのある人
・セルフコントロールができる人


 

Q.インビザラインの特徴は?

A.answer

取り外しができるため、普段と同じように歯磨きや食事が可能です。固定式の装置と違って食事も違和感なく楽しめます。

また、装置自体がとても薄く発音の邪魔になりません。ワイヤーによる矯正装置のように、口の中に当たって痛みが生じたり口内炎ができたりしないので違和感、不快感がかなち軽減されます。

また、装置を取り外して洗浄ができるため衛生的です。最終的な改善の予想日数がわかるので、計画的に行うことができます。ブランケットではこれはできません。


 

Q.スターアラインの特徴は?

A.answer

スターアラインは初期費用が安く済みます。
1ステップあたりの移動量がインビザラインより大きく、装置製作までの時間が早いです。


 

Q.矯正歯科治療の症例

A.answer

症例1 前歯の突出感とよく噛めないという患者様

歯並びが揃ってきれいになりました。

    【術前】                     【術後】

症例2 前歯が開いているのを、治して欲しいという患者様。

セラミックを入れずに矯正で治しました。

    【術前】                     【術後】

症例3 八重歯と下の歯が前に出ていた患者様

きれいな口元になりました。

    【術前】                     【術後】

症例4 歯並びが不安定な患者様

きれいな噛み合わせになりました。
    【術前】                     【術後】

症例5 前歯の突出していた患者様

インビザを使い6カ月で歯並びが揃いました。

    【術前】                     【術後】


症例6 歯周病のより歯間が離開していた患者様

インビザラインを使用し5ヵ月で歯並びが改善されました。
これから歯周治療を進めていきます。

    【術前】                     【術後】


 

Q.矯正治療の費用はどのくらいですか?

A.answer

初診、カウンセリング料は無料です。
検査費および診断料は 50,000円
装置料は 200,000円(部分矯正)~600,000円
毎回の治療費が 5,000円です。
インビザライン 600,000円~
スターアライン 診断料 30,000円  1ステップごとに片顎 30,000円


 

Q.目立たない矯正装置はありますか?

A.answer

色々な装置がありますが、特におすすめなのは、マウスピースを使った当院で行っているインビザラインという目立たない装置です。

是非、ご相談下さい。

Q.部分的に小さい矯正はできますか?

A.answer

1歯ないし数歯のみの治療が必要な場合が、部分矯正です。

また、

・クラウン(冠)、ブリッジ、インプラント、義歯などを適切に入れる
・歯周病の治療や、その後の口腔衛生環境を整える
など、一般の歯科治療をより良いものとする目的のために歯を動かす場合も、部分矯正が有効です。治療期間は、3ヶ月から1年程度です。

2017年4月24日

Q.ダーマペンは一度で効果があるのですか?

A.answer

ダーマペンは一度でも効果が見られたり、効果を実感できる場合が多いのですが、一か月間隔で数回の治療を受けることでより効果を実感でき、改善いたします。

通常、5回程度の施術を受けられることをお勧めします。

ダーマペンと同時に成長因子の他にプラセンタ・ビタミンC・ボトックス・ヒアルロン酸などの有効成分を塗布することで、効果はより高まります。
 

2017年4月23日

Q.ダーマペンの時間はどのくらいかかりますか?また、ダウンタイムはどのくらいですか?

A.answer

ダーマペンは施術前に麻酔クリームを塗布し、麻酔の効果が出るまで、10分程度かかります。その後に施術そのものに30分程度(範囲によります)の時間がかかります。

施術直後には、顔はかるく赤みが出ることがあります。ダウンタイムはほとんどないと考えていただいて結構です。
 

2017年4月22日

Q.ダーマペンの治療後は日焼けをしても大丈夫でしょうか?

A.answer

レーザー治療などと違い、ダーマペンの施術後は、日焼けをしてはいけないと言うことはありません。ただ、日焼けは肌にとって良いことではありませんし、肌老化の原因にもなりますので、通常の日焼け対策はきちんとすることをお勧めします。
 

2017年4月21日

Q.ダーマペンの痛みはどのくらいですか?

A.answer

ダーマペンの前にしっかりと麻酔クリームを使用しますので、強い痛みはありませんので安心して受けていただけます。
 

2017年4月20日

クリーニング

Q.毎日歯を磨いても歯がくすんできます。いい方法はないですか?

A.answer

北欧で開発された「プロフェッショナル メカニカル ティ-ス クリーニング)PMTCをお薦めします。 歯のプロフェッショナルが自分ではなかなかとることができない茶渋やヤニなどの頑固な汚れや歯石を専用の器具で丁寧にクレンジングする方法です。

 

Q.歯磨きをしていると歯ブラシに少し血がついてきます。どうしたらいいですか?

A.answer

毎日歯を磨いていても磨きの腰や細かい部分はなかなか自分では磨けません。磨いているのと磨けているのは違います。これはおもに歯垢(プラーク・歯の表面に付着する白い塊のこと)で、細菌の塊です。これが歯と歯のすき間やはのつけ根のところにたまり、歯茎が炎症をおこして、歯茎からの出血の原因となります。もちろん虫歯や口臭の原因でもあります。

歯垢を長時間付いたままにしておくと歯石(石のように固くなる)となり、歯の表面につきます。これをそのままにしておくと歯周病などにかかる可能性も高くなります。歯周病は、動脈硬化や糖尿病などの病気と関係があったり、いろいろな全身の健康をそこないます。

このように、虫歯や口臭の原因となる歯石と歯周病の原因となる歯石を取り除くことで出血がなくなり、さらにお口の中の健康と体全体の健康を維持できるようにもなります。

 

Q.クリーニング後歯は白くなりますか?

A.answer

歯の表面のステイン(着色)を専門の機器で取り除くので、歯全体のくすみがとれ、白くなります。さらにトリートメントすることによって、つるつるの歯になります。

 

Q.歯磨きを頑張ったら歯のつけ根がすりへってしまいました。どうしたらいいですか?

A.answer

着色を自分で無理やり取ろうとすると、研磨剤の粗い歯磨き粉で傷がついてしまいます。

歯の根元がくさび状に削れてしまったり、傷がついたことによって、ステインがつきやすくなってしまうこともあります。クリーニングでのきめ細かいお手入れをおすすめします。

 

Q.どのようなクリーニングがありますか?

A.answer

(1)デンタルチェック


患者様の現在の歯の状態はさまざまです。1度では痛みが走り、しみたり、出血が多すぎたりする場合もありますので、1人1人にあった適切な方法をアドバイスしています。着色や虫歯の気になる方におすすめのクリーニングです。


(2)残っている歯垢、歯石を専用の器具を使って除去します。



(3)ジェット水流、ジェットパウダー(重曹の入ったパウダー)で、普段落とせない歯面の汚れ(着色やくすみ)、歯茎の中の汚れ(細菌の塊)を落としていきます。
表面に細かいパウダーを噴きつけるので、歯を削ることなく、機器では届かないところの汚れも取れます。


(4)歯と歯の間をフロッシング
デンタルフロス(糸)を使って、歯と歯の間に残っているプラークを落とします。


(5)専用のブラシ、ラバーカップに専用のペーストをつけ磨いていきます。
表面がパールの輝きになります。


(6)さらにオプションとして、患者様一人一人に合わせて、
大人のためのフッ素、シュパーブ( トリートメント)、ガムマッサージをセレクトしていきます。クリーニングがいっそう効果的になります。



A. フッ素コーティング
歯磨き剤に入っているフッ素(フッ化ナトリウム)よりさらに濃度の高い酸性フッ素で歯質を強くします。


クリーニングと一緒で 1000円

B. シュパーブ( トリートメント)
研磨しただけでは歯の表面に傷がついた状態です。
アパタイトリナメル(ナノアパタイト粒子入りペースト)を塗布し、歯の表面についたミクロの傷を修復しコーティングしていきます。
表面の傷が埋まり、着色がつきにくくなります。


クリーニングと一緒で 1000円

C. ガムマッサージ
当院では心地よさを全身で感じていただくために歯肉マッサージを行なっています。肩や首などをマッサージするように、歯肉もマッサージしてあげることにより、歯肉が引きしまり、血行がよくなりきれいなピンク色になります。身も心もリラックスしてもらうためのオプションです。


「歯茎って、こんなに凝っているものなのですね。お口が軽くなった感じがします。」 こんなコメントを頂いております。

クリーニングと一緒で 1000円

 

Q.歯周病にかかった人の特別なコースはありますか。

A.answer

お口の中全体の診査 まずは、お口の中全体の診査・歯周ポケット診査・虫歯などをチェックしていきます。

弱アルカリ性水であるパーフェクトペリオを用いながら、歯石を取り除き、イリゲーションしていきます。

抗菌剤(ハリゾンetc.)をつけてブラッシングをし、こ口腔内の菌を徹底的に除去していきます。

仕上げにご自分では手の届きにくい所を、歯間ブラシやフロスを使い綺麗にしていきます。

お口の中の菌が取り除けたところで、体内にある常在菌のバランスを整えるため、プロデンティスシロップを塗布し終了となります。

その他にマウスピースをお持ちの患者様は、ご自宅で3DS療法も行っていただいています。

 

Q.マタニティークリーニングとは?

A.answer

一般向けのクリーニングで使用する専用の器具を小さめのものに変えております。ジェット水流ジェットパウダーを吹き付ける作業はしません。

あとは通常のクリーニングと同じです。そして、最後はフッ素をコーティングし、トリートメントケアを行います。

椅子の確度もクリーニングには難しい60度ぐらい角度をつけ、お腹を圧迫しないようにします。

 

Q.クリーニングの症例

A.answer

症例1

歯と歯の間に白い歯石のついている患者さんです。
クリーニング後はフロスも通るようになり、歯肉炎も解消されました。

  【クリーニング前】                 【クリーニング後】

症例2 着色と歯石が気になる患者さんです。

エアフローを使って着色を取り除いた後、
リートメントケアを行い、汚れが付きにくい状態を作りました。

  【クリーニング前】                 【クリーニング後】

症例3 前歯の着色が気になる患者様

エアフロー後のトリートメントケアでその後の着色が軽減されました。
現在は、定期的に歯周病の予防として行っております。
  【クリーニング前】                 【クリーニング後】


患者様がしっかりブラッシングを頑張ってくださっていても、それだけではバイオフィルム(汚れの膜)を完全に取り除くことはできません。

毎日のセルフケアに加えて、このようなプロフェッショナルケアを継続的に行い、いつまでも若々しく白く輝く美しい笑顔でありたいという患者様をサポートしたいと思っております。

 

ホワイトニング

Q.ホワイトニングは痛くないですか?

A.answer

最新のホワイトニング剤は、ほとんど痛みがありません。ただし、エナメル質が薄い場合や歯の根元が見えている場合には知覚過敏が生じることがあります。

症状が出ても24時間経てばなくなります。事前の診査で、もしそのような部位があればしっかりお知らせしていきます。

歯のホワイトニングとは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。 そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水症になります。

この状態が「疼痛感」となります。

この脱水症状は過酸化水素の化学分解によるものですので、ほとんど避けることはできません。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人、小さい人によっても全く異なります。 ですから、人によって疼痛感は異なります。これは全く歯に影響がありませんので安心してください。

一般的にホワイトニング効果と「疼痛感」は比例していますが、当クリニックでは現在、細菌のホワイトニング剤を導入しておりますので過去のホワイトニング剤にあった疼痛感はほとんどありません。また、唾液に潤され水分が歯に戻れば回復いたしますのでご安心下さい。

 

Q.ホワイトニングはだれでもできますか ?

A.answer

次の禁忌症に当てはまらなかれば、どなたでも可能です。

・妊娠中、授乳中の女性の方はその影響がまだ確立されておりません。
・無カタラーゼ症の方
過酸化水素を分解できない体質の方は、過酸化水素が体内に溜まってしまいますので禁忌となります。しかしこのような方はほとんどおりません。
・広範囲によるクランク(ひび割れ)のある方
知覚過敏が起こることがあります。
・重度の知覚過敏症
もともと持っている知覚過敏が、誘発される場合があります。

 

Q.一度のホワイトニングで大丈夫なのでしょうか ?

A.answer

初めてホワイトニングを受けられた方は、短期間で歯の表面に少し外からの着色がつきます。 なので、その後、再度ホワイトニングを重ねていくことにより「白さ」の定着率がよくなります。

 

Q.希望する白さになるのでしょうか?

A.answer

必ず効果はあるのですが、もちろん限界もあります。
歯専用の色見本で現在の白さの確認と希望の白さをお伝えください。
実現可能かお知らせ致します。

 

Q.虫歯がありますが、できますか?

A.answer

あまり大きくない虫歯、痛みを伴わない虫歯であれば仮の詰め物をして行うことができますので可能です。

ホワイトニングを行った後に、白くなった歯の色に合わせて被せ物や詰め物をしていきますので、虫歯の治療の前でのホワイトニングもおすすめです。

 

Q.ホワイトニング剤の人体への影響は大丈夫でしょうか?

A.answer

主にオキシドールで出来ている過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤は歯科医師の元、正しく使用する限り安全です。

開発されたアメリカ数十年の歴史の中では20年以上にわたり、2千万人以上がホワイトニングを受けましたが、問題となった事例は出ておりません。

 

Q.ホワイトニングした歯は 永久に白さを保つことができるのでしょうか?

A.answer

ホワイトニングの効果は永久的ではなく、半年~1年かけて少しずつも元の状態に戻っていきます。

歯の色の戻り具合は、 歯の質、食習慣、しっかり歯磨きしているかどうか、メンテナンスをおこなっているかどうかによって左右されます。

 

せっかくホワイトニングしたのに、 数か月で色が元のようになってきました、どうしてですか?

A.answer

ホワイトニング後、日常生活の中でタバコ、お茶、コーヒー、しょうゆなど着色性の強いものを摂取することで徐々にエナメル質に有機着色物として沈殿していき、歯の色を黄色っぽく見せます。

マスキングされたエナメル小柱も唾液による再石灰化で元に戻ってしまうからです。

この事によりホワイトニングは定期的なタッチアップをお勧めいたします。

 

Q.オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング の違いがわかりません

A.answer

オフィスホワイトニングはクリニックで行うホワイトニングです。

ホームホワイトニングは歯科医師指導の下、ご自身に自宅で専用のマウスピースにホワイトニングジェルを入れ数時間装着する方法です。

この2つの方法を併用するとより効果的です。

 

Q.オフィスホワイトニングとホームホワイトニング のどちらがおすすめですか?

A.answer

どちらも白くなります。ご自身のライフスタイルを考えて選択されて下さい。

クリニックに通う時間がない方、時間がかかってもじっくり白くしたい方はマウスピースを使用したホームホワイトニングがいいと思います。

最も早く、最も白く、短時間で!という方はオフィスホワイトニングがお勧めです。

どんどん白くしていきたい方は、ホームとオフィスの併用をして下さい。

 

Q.クリーニングとホワイトニングの違いはなんですか?

A.answer

クリーニングは歯についたタバコのヤニ、歯石など歯の表面の汚れを落としていくもので歯のくすみが取れ、白くなりますが歯そのものの色を白くする治療ではありません。

ホワイトニングは歯そのものの色を白くしていきます。

 

Q.虫歯の治療をして神経を抜いた歯が年々黄ばんできていますが、 白くなりますか?

A.answer

一度神経を抜いてしまうと象牙質が徐々に変色して始めます。

ホワイトニングしても白くなりますが、歯に亀裂が入ってきているようであればラミネートベニア、ハイブリットクラウンやジルコニアクラウン(オールセラミック)をお勧めいたします。

 

Q.ホワイトニング後、歯の白さはどれくらい維持できますか?

A.answer

個人差がありますが、特に食生活や嗜好品、ブラッシングの状況によって再び着色が入ってくるまでの期間は変わってきます。

タバコ、コーヒー、紅茶、赤ワインなどは外からの再着色をできるだけ抑えるよう、歯のトリートメントとクリニックオリジナルの歯磨きジェルでケアされることをオススメいたしております。

 

Q.あまり白くなった実感がないのですが?

A.answer

術前に写真を撮影しております。また、シェードといって色の階層で確認いたしますので、比較してみるとその違いは明確かと思います。

 

Q.市販の歯が白くなる歯磨き粉で歯を白くすることはできないのですか?

A.answer

市販させています歯磨き粉には、研磨剤が多く配合させています。

そのため、ついた着色はとれますが歯の表面を傷つけてしまいます。そのためホワイトニング後の再着色を防ぐトリートメントや、歯の表面をコートしてくれるジェルをお勧めいたします。

 

Q.ホワイトニングの症例がみたい

A.answer

症例1 20代女性 全体的な黄ばみが気になる患者さんです。

オフィスホワイトニングを重ね、すっかり白くなったところで、前歯の詰め物を修復しました。今では、ホームホワイトニングを併用して白さを維持しています。

    【術前】                     【術後】


症例2 32歳女性、全体の黄ばみと表面のツヤのなさを気にしている患者さんです。

ホワイトニングと着色とりを重ねてとてもきれいになりました。よく見るとわかりますが、ホワイトニング後のトリートメントケアでツヤ感もしっかり取り戻せました。

    【術前】                     【術後】


症例3 40歳女性、全体のくすみが気になっていた患者さんです。

白くなっているのですが、前歯の中央に白い帯状の線が入っているのに気がつきましたか。これはもともとの歯の色が線状になったいた方です。こういう場合は、2~3回のホワイトニングで一番白い線の色まで白くなりますよ。

    【術前】                     【術後】


症例4 30代男性、テトラサイクリングによる色素沈着が気になっていた患者さんです。

数回にわたり、ホワイトニングを行いました。
左上の前歯はまだ仮歯です。最終的に希望通りの白さになったら、オールセラミックに変えていく予定です。

    【術前】                     【術後】


症例5 66歳女性、歯の黄ばみと詰め物の変色が気になる患者様

ホワイトニングを2回行い、前歯の詰め物をダイレクトで修復しました。


    【術前】                     【術後】


症例集

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】


隣接する健康な歯に少しの形態修正をする事によって、最小限の被せ物ですむというテクニックが当クリニックの特徴です。
健康な歯は、そのまま使いたいですから。

 

Q.メソセラピーとは?

A.answer

フランスで生まれた脂肪溶解注射のことで、現在は世界中で行われている注射による美容療法で、ダイエットやアンチエイジングに人気があります。

除去したい脂肪に注射することで脂肪分を溶かしていきます。
脂肪吸引よりも負担が少ないのも特徴で部分痩せをしたい人に大変おすすめです。

 

Q.歯科用脂肪溶解注射の効果を実感できるのは注射後どれ位経過してからですか?

A.answer

患者様の状況にもよりますが、大体3日後くらいです。

 

Q.歯科用脂肪溶解注射の注射後に脂肪が元に戻ることはありますすか?(リバウンドはありますか?)

A.answer

基本的にリバウンドはありませんが、患者様の食生活や生活環境等により体重が増えるとリバウンドすることもあります。

 

Q.1回の治療でも十分な効果を期待できますか?

A.answer

1回の治療でも効果は期待できますが、十分な効果を出すには3回程度の治療をおすすめします。

 

Q.凹凸になることはありますか?

A.answer

カニューラを使用すると凹凸になることはありません。

 

Q.脂肪溶解注射のように硬いしこりが残ることがありますか?

A.answer

非常にまれにしこりが残る場合がありますが、これは血腫によるものと考えられます。
歯科用脂肪溶解注射ではありません。

 

Q.1回あたり同部位に何本までの注射が可能ですか?

A.answer

通常は1か所に1~2本です。

 

Q.どのくらいの間隔を空けたほうがいいですか?

A.answer

注射間隔は最低1週間空けた方がよろしいかと思います。

 

Q.注入できる部位はどこですか?

A.answer

 

Q.ダーマペンで感染をしたりしませんか?

A.answer

ダーマペンの針は1回ずつの使い捨てとなっております。感染の危険性はありませんので安心してください。
 

 

Q.ボトックスでどんな治療ができますか?

A.answer

ボトックスは表情しわに効果的です。表情しわには、眉間の縦しわ、額の横しわ、目尻のしわ、顎の梅干し状のしわ、口元のしわなどがあります。

ボトックスはしわ以外に小顔治療、目を大きくする、額をリフトする、脚を細くするなどのプチ整形や多汗症治療などにも行われます。

特に、歯科分野では、噛み合わせが強くて張ったエラや、奥歯がなくなったことによる顔のたるみ、片咬みによる顔の左右不対称、顎関節症による顎の痛みの緩和、歯ぎしり、食いしばりに有効です。
 

Q.治療にどれくらい時間がかかりますか?

A.answer

治療自体は5分程度で終わります。
表面麻酔をする場合は5分~10分程度、お時間をいただきます。
 

Q.ボトックスはどれ位もちますか?

A.answer

しわ治療の場合は、注射後次の日から10日ぐらいで効果が現れ、3~6か月ほど続きます。一般的に2回目以降の治療効果は初回より長く持続すると言われています。

これはしわを作る筋肉に、ボトックスが効いている一定期間、あまり動かされないので少しずつ萎縮してしわが作られにくくなるためと考えられます。

小顔治療は1回目の効果は即日から、1~2か月かかり効果は3~8か月程度続きます。

2回目以降は効果がより早く現れ即日から1~2週間、1回目に比べて効果もしっかり出ます。小顔治療は4~6回程度繰り返すと半永久的な効果が得られることが多々あります。
 

Q.ボトックス治療は痛いですか?

A.answer

数か所に注射しますからある程度の針刺入の痛みはあります。

当クリニックでは、なるべく痛みを抑えるために表面麻酔を塗ったり、希望であれば極細の無痛針を使用いたします。痛みに弱い方にも安心して治療をお受け頂けます。
 

Q.ボトックスは何歳ぐらいから始めていいのですか?

A.answer

10代のボトックスにご本人がよほどコンプレックスに感じ、悩んでいない限りお勧めしていません。

20代後半になると徐々にコラーゲンなどが減ってきて、表情しわが目立ち始めます。それでもまだしわを作らない表情の時はしわが目立ちません。

30代後半になると表情しわは更に目立ち始め、しわを作らない表情でも、額や目尻のしわが消えなくなってきます。

このように、お口周りのボトックスを始めるのに最適な年齢は30~40代でボトックスが良く効く年齢は60代までと考えます。
 

Q.ボトックスでボツリヌス中毒になることはありますか?

A.answer

ボツリヌス菌は食中毒を引き起こす菌として知られていますが、ボトックスはボツリヌス菌そのものを注射するわけではありません。

ボツリヌス菌の毒素を抜いてあり、食中毒を引き起こすボツリヌス毒素の量は、3万単位なのに比べ、美容に使用される量は2.5~100単位と少量であり適切な治療を行っている限り中毒を引き起こす心配はまずありません。
 

Q.ボトックスにはどんな副反応がありますか?

A.answer

針の跡が点状に残ったり、皮下出血が起こることがありますが、この反応は一時的でお化粧で隠せる程度です。
 

Q.ボトックスで変な顔になることはありますか?

A.answer

ボトックスのデザインによっては仮面のような不自然な表情になったり、多少眉が上がったり、目が大きくなったりと表情に変化が現れることがあります。

歯科で行うボトックスは治療皮膚科で行うボトックスよりも低濃度のため、お顔が不自然になることはまずありません。
 

Q.ボトックスの禁忌事項を教えてください

A.answer

絶対的禁忌
◆妊婦・授乳中の女性
妊娠中および授乳に関する薬の安全性が確認されていないため使用はできません。
◆あざが出やすく薬を服用して2週間以内の方
・アスピリン(風邪薬や痛み止めに入っています)
・イブプロフェン
・ビタミンE
・銀杏葉エキス
・魚のオイル由来のサプリメント(DHA)
などを服用しているとボトックス注射した部位にあざが出やすくなることがあります。
◆脊髄末梢神経の病気に罹患している場合
アミトロと呼ばれる筋委縮性側索硬化症、筋無力症など、神経と筋肉の境目の病気の方は禁忌です。
◆アミノグリコシド系やポリミキシン等の抗生物質を服用している場合
神経と筋との間のシグナルに影響を与える可能性のある抗生物質とボトックスの併用は認められていません。
◆小児
ボトックスは基本的に18歳以上にしか使われていません。
◆65歳以上の人
ボトックスの臨床治療には65歳以上の患者様が含まれていないため、それ以上の年齢層での使用は勧めておりません。 どうしても使用する場合は、患者様のインフォームドセンセントをお取りし、投与量に注意をいたします。
◆精神科で治療中の方
精神的な問題を抱えていることもあり、お断りしております。


想対的禁忌
◆注射しようとする皮膚に皮膚病や感染・炎症がある場合
◆顔面に強度の左右差がある場合
顔面神経麻痺などの治療が目的で来られる場合、完全には治らないかもしれないというインフォームドコンセントをしております。
◆神経筋疾患にかかっている方
神経内科・脳外科の主治医の許可をお取りしてからの治療となります。
◆心臓や血管の病気にかかっている方
不整脈や心筋梗塞の予防の薬を飲んでいる場合は、主治医の許可が必要になります。
◆膠原病・自己免疫疾患
抗原抗体反応に関わってきますので主治医からの許可が必要です。
いずれにしても歯科で行うボトックス治療は美容皮膚科で行うボトックス治療よりも低濃度ですので、安心して施術できると思います。
 

2017年4月18日

審美治療

Q.審美歯科治療とは?

A.answer

審美歯科とは、美しさ、きれいな口元に焦点を当てた総合的な歯科治療です。

機能と審美、その両方に焦点を当て、患者様それぞれの歯並びと、その人の顔にマッチさせた口元の健康美を求めていきます。前歯の矯正、歯肉の整形といった様々な治療があります。

「歯にコンプレックスがあって自信が持てなかった」そんな方にぴったりの治療法です。

「きれいな美しい歯」「きれいな口元」を手に入れて自信に満ちた笑顔を作りましょう。

Q.審美治療の種類を教えて下さい

A.answer

当クリニックで行っているのはこちらになります。

オールセラミック(ジルコニア)
白い金属といわれるジルコニアは、高強度・耐久性・耐腐食性・生体親和性など、過酷な状況下での口腔内に最適な高強度型セラミックです。体にとてもよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の材料として注目を集めています。金属を内面に使っていない陶材100%の物なので、透明感があり、ごく自然な色調が得られます。特に金属アレルギーの方や、歯茎の黒ずみが気になる方にお勧めです。

e-MAX(ジルコニア)
ジルコニアと並んで注目されている人気の高い素材です。
「empress max」「エンプレス・マックス」の意を持つシステムです。被せもの全体がガラス(ニケイ酸リチウムガラスセラミック)を主成分にしたセラミックでできているもので、とても透明感のが高く色調もきれいです。本来の天然歯と同じか、それ以上の色調・形態を再現します。 金属を使用しないため金属アレルギーの心配はいりません。

セルコンZ冠
「セルコンZ冠」とは新素材「セルコンht」と先端デジタル技術で作製する体にやさしいフルクラウン&ブリッジです。色調が3色からと決まっているので低価格になります。土台を使用しない素材の為、天然歯を削る量が少ない治療ですみます。 また金属と同等の強度なので、丈夫で長持ちで、奥歯の治療にも適しています。

ダイレクトクラウン
ダイレクトクラウンとは、即日完了できるハイブリットセラミックです。
金属を一切使用していない体に優しい素材でできています。

ハイブリットセラミック
ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた材料で、クラウン(被せ物)やインレー(詰め物)に使用されます。

色調はオールセラミックには及びませんが、天然の歯に近く、硬さも歯と同程度なので噛み心地に違和感がありません。

オールセラミックに比べて耐久性が少し劣り、時間が経つと多少変色が見られます。

保険適用外の方法ですが、オールセラミックよりも低価格で治療することができます。内面に使用する金属には、金主体の物と金とその他の金属との合金の物がありますが、金の含有量が多い金属を使用するほど体に対する異害作用は少なくなります。

ラミネートベニア
歯の色が先天的に変色している場合、クリーニング・ホワイトニングでは歯の白さに満足しない場合歯並びを改善したい場合の治療方法がラミネートベニアです。

治療方法は、歯の表面のエナメル質を0.4~1.0mm程度削り、セラミックを薄く付け爪の様にした物を張り付けます。被せる方法に較べ、削る歯の量は最小限で済みます。歯の根(神経)の治療がなければ、2~3回の通院で済みます。

Q.審美治療の期間は、どのくらいですか?

A.answer

歯の根の治療がない場合は、2回で終了する場合もありますが、神経の治療が入れば数回掛かる場合もありますので 来医院してからの相談になります。(レントゲン写真を精査して判断いたします。)

Q.銀歯をかぶせていたのですが、それを白くできますか?

A.answer

銀歯を取り外し、ジルコニアクラウンでかぶせることで天然歯のような白さ、あるいはそれよりも白くできます。様々な種類がありますのでお問い合わせください。

Q.以前に虫歯の治療をして神経を抜いた歯がだんだん黄ばんできましたが、きれいになりますか?

A.answer

一度神経を抜いてしまうと象牙質が徐々に変色し始めます。

ラミネートベニアや、ホワイトニングで周りの歯と同じ色にすることは可能ですが、被せた方がいいかと思います。

よりお口元を白くしたいのであれば、ほかの部位を何度かホワイトニングし、その色に合わせてジルコニアクラウンにすることをおすすめいたします。

Q.セラミックのかぶせ物をした後、噛み合わせが高いような気がします

A.answer

噛み合わせが高いと感じた場合は調整いたします。

周囲の歯と同じ咬合圧を保つようにしっかり調整いたします。

入れた直後は、高く感じても時間と共に歯根膜のバランスが整い、なじむ場合もあります。

Q.もっとひどくなってから治療したほうがいいのでは?

A.answer

ヒアルロン酸・ボトックス・レーザーなどの治療は症状を改善するだけでなく、しわやたるみがひどくならないようにする老化予防の働きがあります。

症状がひどくなる前に始められた方が少しの施術で改善されますので、一層良い状態に保つことができます。

Q.ヒアルロン酸ってなに?

A.answer

ヒアルロン酸は元々、人体に存在する細胞外気質の多糖類です。特に皮膚、関節、眼球などに多く含まれていてたった1gのヒアルロン酸で6Lの水を含むことができます。保水力にとても優れていてお肌のハリや弾力を保っています。

若いうちは体内ヒアルロン酸量も豊富なだけでなくコラーゲンやエラスチンといった物質も豊富でみずみずしくハリ・ツヤのある肌を維持しています。

しかし加齢と共に体内のヒアルロン酸を作る能力は衰えて、徐々に減少してしまいます。ヒアルロン酸が減ると肌のハリが失われ、しわやたるみの原因になります。

そこで活性ヒアルロン酸という体内に元々備わっているヒアルロ酸を気になるしわやたるみ、凹みなどに注射してハリを出したり、しわを改善するのがヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸はよく基礎化粧品に含まれていることがありますが、化粧品に配合されているヒアルロン酸は皮膚からは吸収されません。 高い保水力によって皮膚表面の潤いを保っているのです。

Q.どのような効果がありますか?

A.answer

活性ヒアルロン酸の注入で期待できる効果とは、シワの改善だけでなく水分補給、皮膚のハリ、ツヤの改善、顔色の改善、皮膚弾力の強化、若々しい滑らかな肌、細胞交換、細胞活動の増加、皮膚機能強化、コラーゲン、エラスチンと内在ヒアルロン酸との相互作用による細胞の活性化の期待もできます。

Q.注射用ヒアルロン酸にはどんな種類がありますか?

A.answer

大きく分けて関節治療用と美容医療用があります。大きな違いは吸収速度です。

関節治療用ヒアルロン酸は関節痛の治療などに使用される製剤で、長い歴史があり安全性が確立されています。そぐに吸収されて効果がなくなってしまうことが欠点です。

美容医療用ヒアルロン酸は安全性はそのままに、分子同士を架橋させたり自己のコラーゲンなどを増殖させる成分をプラスするなどして、効果が長く持続するようにされています。

分子の大きさや架橋の有無などで様々な製品があり、アミーズ歯科クリニックでは何種類かのヒアルロン酸製剤をご用意しています。使用する製剤は肌やシワの状態、ご本人の生活スタイルなどに合わせて使い分けさせていただいております。

Q.どんな種類のヒアルロン酸を扱っていますか?

A.answer

当クリニックでは、

IAL-SYSTEM ACP
イタリアの世界シェア3位を誇るヒアルロン酸メーカーです。50年以上の経験と全世界3000万人の治療実績でその信頼性を証明している最新のヒアルロン酸です。

X-HA
フランス製のヒアルロン酸メーカーです。後発ながらも他社製品をグローバルに研究して開発された美容業界では一時期話題を独占した完成度の高いヒアルロン酸です。欧米各国では患者様からの指名のあるトップブランドとして定着しています。

TEOSYAL PureSense
スイス製のヒアルロン酸メーカーです。主に刺入箇所が2か所だけのカニューレ法に用います。皮内注入法とメソセラピーの中間に位置する新たな治療コンセプトです。理想的な濃度のヒアルロン酸に加え低刺激で医薬品グレードの8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種類のミネラルおよび1種類のビタミンによる複合成分を加えた広範囲の皮膚再構成に対する効果が望めるマテリアルです。さらに、リドカインが入っているので治療(注入)時の痛みを軽減します。

Q.ヒアルロン酸注射でたるみはなくなりますか?

A.answer

ホウレイ線や目の下のたるみに伴うクマをヒアルロン酸で目立たなくすると、リフトアップしたように表情が明るくなります。

またヒアルロン酸をお顔の広い範囲に注入する水光注射(ダーマペン)を定期的に行うことで、たるみを予防する効果があります。

ブルドック状にたるんでしまった頬には、ヒアルロン酸はあまり効果がありませんが、こういったたるみには、ボトックスなど他の治療が効果的です。

Q.ヒアルロン酸注射は何から作られていますか?

A.answer

化粧品に配合されているヒアルロン酸は、にわとりのトサカから作られることが多いですが、注入用のヒアルロン酸はバイオ技術で精製された非動物由来製剤で感染の心配がなく安心です。

Q.ヒアルロン酸注射は痛いですか?

A.answer

当クリニックでは、治療部位にオリジナル麻酔クリームを使います。

通常の医療用麻酔クリームは2%程度ですが、オリジナル麻酔クリームは18%と濃度が高くなっていて敏感肌の方にもお使い頂けます。

また注入時に、使用する針は製剤によって変えますが、最も細い針を使い痛みを最小限に抑えています。

Q.値段がクリニックによって違うのはどうしてですか?

A.answer

ヒアルロン酸注射は健康保険の適用にならず、決められた料金設定はありません。それぞれのクリニックが見合った料金を設定するため医療施設によって値段が異なります。

当クリニックでは、世界的に品質の認められた製剤だけを使用しいわゆる安く仕入れられる製剤は扱っておりません。

最良の製剤を使い、施術の満足感と、料金の満足感を持っていただけるような歯科オリジナルのシステムとなっております。

Q.一度ヒアルロン酸を注射したらその後ずっと注入し続けなければいけませんか?

A.answer

もちろん一回でお止めになっても問題ありませんが、また元に戻ってしまいます。レベルの高い美しさを維持させるためには定期的な注入を繰り返した方がいいと思います。

ヒアルロン酸を定期的に注入することは見た目を整えるだけでなくご自身の肌状態を若々しく保つために効果的であることがわかってきています。

ヒアルロン酸自体は徐々に吸収されて約1年後には完全に分解されてしまいますが、注入されたヒアルロン酸の周りで、自己のコラーゲンが増殖することが最近の研究で証明されました。

何もしなかった1年後よりも、ヒアルロン酸を注入していた1年後の方が若々しい肌の状態を保つことができるのはそのためです。

Q.ヒアルロン酸は繰り返し注射しても害はないですか?

A.answer

体に害はありません。よりお肌が潤ってきます。

Q.治療後に気を付けることはありますか?

A.answer

ヒアルロン酸を注入した後は、通常の日常生活を送ることができます。

お化粧も治療後すぐにでき、入浴、運動、飲酒も問題ありません。

副作用はありますか?

A.answer

ヒアルロン酸の副作用といえば、針を使用するため内出血を起こす可能性があるくらいです。

技術の向上・極細針の使用によりある程度、内出血が起こることは少なくなりましたが、内出血が起きやすい体質の方もいらっしゃいますので、初めての方は1~2週間程度大切な御用のない時を選んだほうがいいかと思います。

Q.ヒアルロン酸を注入した後、次はいつ追加注入できますか?

A.answer

ヒアルロン酸はいつでも追加注入することができます。周りに気づかれないように少しずつ注入することもできます。症状が気になった時が注入時です。

Q.もっとひどくなってから治療したほうがいいのでは?

A.answer

ヒアルロン酸・ボトックス・レーザーなどの治療は症状を改善するだけでなく、しわやたるみがひどくならないようにする老化予防の働きがあります。

症状がひどくなる前に始められた方が少しの施術で改善されますので、一層良い状態に保つことができます。

Q.ヒアルロン酸の効果がどれくらいですか?

A.answer

自分の体の中で作られた自己ヒアルロン酸は2~3週間程度で代謝されてしまいます。絶え間なく、新たなヒアルロン酸が作られて体内のヒアルロン酸量をキープしています。

一方、注射用ヒアルロン酸は製剤の種類や、注入技術、個人差、注入量で差はありますが約1年ぐらい効果が持続します。

これは注入されたヒアルロン酸の吸収を遅くして効果が長く持つように分子と分子の間に人工的な架橋を作るなど、最新技術で特殊処理されているからです。

Q.飲むヒアルロン酸は効果がありますか?

A.answer

口から摂ったヒアルロン酸は体内で細かく分解されてから吸収され、その一部はヒアルロン酸をを作る材料になります。

そのまま、肌のヒアルロン酸になるわけではありません。ヒアルロン酸をいくら飲んでも、すぐにお肌のヒアルロン酸を増やすことは難しいと言えます。

Q.塗るヒアルロン酸は効果がありますか?

ヒアルロン酸は非常に分子が大きくて、肌の上に塗っても肌のバリア機能にガードされて肌の奥に浸透しません。

しかしながら、ヒアルロン酸は保湿機能に優れているため保湿効果が期待できます。

Q.昔、入れた前歯の被せ物の歯茎が黒ずんできましたが 治す方法ありますか?

A.answer

いろいろなケースがあります。歯茎の中に金属が入り込んでしまったいわゆるメタルタトゥーはレーザーで取り除くことができます。

歯茎が下がって、中の土台の金属やセラミックの内面の金属が見えているようであれば、金属を使用していないオールセラミッククラウンに変える事によってより天然に近く、しかも綺麗な歯茎を作りあげることができます。

Q.審美治療後のお手入れの方法はどうすればいいですか?

A.answer

だいたい3ヵ月毎の定期検診を行って頂きます。

専門の衛生士が、除石・クリーニングをし、装着した物が長持ちする様に、患者さんに合った磨き方を指導していきます。

Q.審美治療の保証期間は?

A.answer

定期検診を行い、歯周病に罹患していなければ5年間の保証を致しております。

Q.審美治療費はどのくらいですか?

A.answer
治療項目 消費税別料金
クラウン オールセラミック オールセラミック(ジルコニア) 120,000円
オールセラミック オールセラミック(e-max) 85,000円
ラミネートベニア ラミネートベニア 120,000円
プレミアム冠 プレミアム冠 60,000円
セルコン セルコン 50,000円
ダイレクトクラウン ダイレクトクラウン 38,000円
ハイブリッドセラミックス ハイブリッドセラミックス 55,000円
ファイバーコア ファイバーコア 10,000円
インレー インレー ハイブリッド(大) 45,000円
インレー ハイブリッド(小) 35,000円
インレー セラミック(大) 50,000円
インレー セラミック(小) 40,000円

Q.

Q.審美歯科治療の症例がみたい

A.answer

症例1 金属が気になるという患者様

ホワイトニングを含め、ジルコニアを使ったトータル治療を行いました。

                  
    【術前】                     【術後】


症例2 ジルコニアの症例

歯と歯茎に隙間が見えはじめ、歯の間も虫歯で黒ずんでいた患者さんです。ホワイトニングをし、ジルコニアで修復しました。これからもホワイトニングを重ねていく予定です。

    【術前】                     【術後】


症例3 ジルコニアの症例

前歯4本の色、形、歯茎のふちが気なっていた患者さんです。
ホワイトニングをし、犬歯の位置と調和するように4本のジルコニアをいれました。とっても上品な口元になりました。

    【術前】                     【術後】


症例4 ジルコニアの症例
歯周病で前歯がぐらぐらしていた60代の患者さんです。
歯周治療を行い、年齢にかかわらずホワイトニングをしました。そして、3本のジルコニアを使いました。若々しくなりました。

    【術前】                     【術後】


症例5 前歯の離開の症例
ホワイトニングを行い、ジルコニアで歯列を整えました。

    【術前】                     【術後】


症例6 歯と歯の間が離開している症例
矯正をせずに済みました。ジルコニアを使っています。
歯周病手術を部分的にし、奥歯も前歯も自然な歯並びと機能を回復しました。ホワイトニングで他の歯も白くしています。トータル治療です。
60歳代の患者様、治療後は大満足でした。

    【術前】                     【術後】


症例7 歯の黒ずみが気になって来院された症例
上の前歯4本をジルコニアで修復、歯の幅を自然に見えるように小さくしています。(カメラが治療後最新のものになったので、撮り方が違いますが、同一人物ですよ。)
審美治療では、犬歯まで6本ジルコニアにしてしまいがちです。
大事な犬歯に手を加えず、お口全体のタータルバランスをとり、4本の修復ですみました。

    【術前】                     【術後】


症例8 前歯が突出し、歯茎の色、歯の色が気になって来院された症例
前歯2本をジルコニアで修復、ホワイトニング2回、歯茎のメラミン色素をレーザー除去、平行して歯肉炎の治療を行いました。
歯茎が回復した後、根元の虫歯はダイレクトで修復しました。

    【術前】                     【術後】


症例9 前歯の着色が気になるという患者様
ホワイトニング、ジルコニア、グラディアダイレクトで修復しました。
前歯2本をジルコニアで修復してしまうところ、1本だけの処置でこんなにキレイになりました。

    【術前】                     【術後】


症例10 前歯の突出感と色が気になるという患者様
ホワイトニングとジルコニアできれいになりました。
前歯6本をオールセラミックにしてしまうところ、2本だけ新しくして前歯のバランスをとっています。

    【術前】                     【術後】


症例11 仮歯がすり減り噛み合わせが崩れてしまった患者様
噛み合わせを上げ、すべてジルコニアで回復しました。
顎の状態も良好です。

    【術前】                     【術後】


症例12 仮歯がなくて前歯で噛めないという患者様
骨がないところでもハイブリットセラミックでカバーしました。
この写真は歯肉整形をしていませんが、現在はこのように歯肉や骨のない所にも再生療法を使用し、更に審美性の高い治療を行っています。

    【術前】                     【術後】


症例13 歯並びが斜めになっている患者様
歯ぐきの位置の修正と歯軸の修正をしました。
ホワイトニングとジルコニアできれいな口元になりました。
審美ちりょうでは、前歯4本をジルコニアにしてしまいがちですが、ご自身の歯をできる限り使用して頂きたい為、形態修正を加え、2本のジルコニアですみました。

    【術前】                     【術後】


症例14 タバコのヤニによる着色と前歯の統一感のない色が気になっていた患者様
歯周病の治療を行いホワイトニングした後にハイブリットセラミックで修復しました。キレイになりましたので、これをきっかけにおタバコは止められてます。

    【術前】                     【術後】


症例15 ハイブリッドインレー症例
金属が目立つというので、白くしたいという方がたいへんいらっしゃいます。

    【術前】                     【術後】

・金属が目立ちます。
・アレルギーの原因にもなります。

症例16 ハイブリットインレー、グラディアダイレクトの症例
金属アレルギーもありお口の中に金属が入っているのが嫌という患者様です。ハイブリットにかえました。体も軽くなりアレルギー症状も軽減されてきています。

    【術前】                     【術後】



症例17 ファイバーコアの症例

金属の芯をいれていた為に歯茎が黒ずんでいた症例も、グラスファイバーの白い芯に変える事によって、歯茎の黒ずみが解消されます。

    【術前】                     【術後】

奥歯に白い芯を入れました。

症例集

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

    【術前】                     【術後】

隣接する健康な歯に少しの形態修正をする事によって、最小限の被せ物ですむというテクニックが当クリニックの特徴です。
健康な歯は、そのまま使いたいですから。

2017年4月13日

一般治療(虫歯・無痛)

Q.精密治療について

A.answer

アミーズ歯科クリニックでは、精密歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)、精密治療用拡大鏡(テレスコープ)を導入し、クオリティの高い治療をしています。

歯科の技術や材料は日々進化しています。歯科医師自身も精度を上げる必要があります。

Q.治療は痛くありませんか?

A.answer

当医院では、無痛治療を行っています。

• 表面麻酔をしっかり効かせます。
• 麻酔液のしみ込んだシール状の物を粘膜に貼ります。これにより、針の針入時の痛みを和らげる事ができます。
• 麻酔液が冷たいと温度差で痛みを感じやすいので、必ず体温と同じ位の温度に温めてから使用します。
• 針の種類ではもっとも細い、最新式の注射針を使用しています。
• 針の針入後も浅い部分からゆっくり時間を掛けて、徐々に深い部分に効かせていきます。
• 麻酔液を急速に注入すると、とても痛いので注入のスピードを遅くすることで痛みを与えないようにしています。
• インプラントその他の施術の時は勿論、子供達もお喋りしている間に麻酔してしまいます。



Q.カリソルブとは?

A.answer

薬剤を塗布して、虫歯だけを軟らかく溶かす治療法です。
健康な組織に影響を与えず、使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限残すことができる虫歯の治療方法です。

Q.どのくらいの虫歯まで大丈夫ですか?

A.answer

虫歯の段階はC0からC4の5段階に分けられます。
カリソルブが適用されるのはC1~C2の状態です。

C1)
歯の表面のエナメル質という組織に穴が開いている状態で、痛みはないですが、放置すると進行するので一般的には削って詰める治療になります。麻酔はしないで治療できることが多いです。

(C2)
歯の表面にある象牙質という組織にまで虫歯が進行している状態です。神経は生きていますが、象牙質の内側に神経があるので冷たい物や甘い物でしみるといった症状があります。神経に近づいているので麻酔をして削り詰め物をするか、範囲が広い場合は型取りをして被せ物をします

Q.治療はどんな流れで行いますか?

A.answer

①次亜塩素酸ナトリウム0.5%と3種のアミノ酸が主成分の薬剤を虫歯に塗布し、30秒待ちます。

②軟らかくなった虫歯部分を先に刃がついていない特殊な手用器具で取り除きます。
 この作業を何度か繰り返し、完全に虫歯を除去します。

③虫歯を完全に除去した後は、最終的な詰め物をして終了です。




Q.具体的な費用はどれくらいですか?

A.answer

日本でカリソルブ治療が、厚生労働省に認可されたのは2007年のことでまだ一般的には広まっていないのが現状です。

保険治療で受けることができないため、虫歯1本5,000円~10,000円ぐらいになります。

Q.治療機関と通院回数は?

A.answer

薬剤を塗って虫歯を溶かし、それを除去するという作業を数回繰り返します。
そのため、従来のやり方で一気に削る治療に比べると1回の治療時間は長くなります。
目安として1回30~60分、通院回数1~2回の期間で治療が行われます。

Q.メリット&デメリットは?

A.answer

メリットは?

• 治療時の痛みが少なく、麻酔を使わない治療が可能です。
麻酔のできない子供、高齢者に有効です。
• 今まで神経を残すことが出来なかった深い虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。
• 音や振動が怖いという患者様にも安心して治療ができます。
• 健康な歯質をしっかり残すことができます。


デメリットは?

• ドリルを使わないので治療時間が長くなります。
• 薬剤を虫歯の所にゆっくりと作用させるため、治療時間が長くなります。
• 虫歯の入り口が小さい場合や、歯と歯の間にある場合は器具が届かないため入り口を削る必要性がでてきます。
• 健康な歯質をしっかり残すことができます。

Q.削らない治療・カリソルブの他に削らない虫歯治療があると聞いたのですが?

A.answer

iconによる虫歯治療


iconカリソルブと同様の効果がある新しい初期カリエス治療用システムが開発されました。

ドリルなどを使用することなく、希塩酸を塗布することで傷んだエナメル質を融解させ除去が可能。治療時の痛みが少なく無麻酔下での治療が可能なので、幼児や高齢者、麻酔禁忌患者様に有効です。

iconは象牙質の最初の1/3まで浸食した初期のエナメル質齲蝕の進行を遮断し健康な歯を不必要に削ることなく簡単に治療が可能です。

このようにして施術していきます。