2015年6月30日

歯周組織再生療法とは

1.GBR法
GBRは歯周組織再生法の1つであるGTR(Guided Tissue Regeneration)と同様に人工の膜を用いて骨再生のスペースをつくる方法で、中に移植骨、骨代替材、PRP等の誘導因子などを封入して骨の強度や密度を向上させる方法。
昔から行なわれている自家骨移植は現在も臨床的に有効な方法で、骨増量法のゴールデンスタンダードと言われています。しかし、骨を採取するためには手術部位以外への侵襲と採取できる骨の量に限界があることが問題となります。そこで、人工骨研究が進み種々の形状のハイドロキシアパタイトやβ-TCP、α-TCP、バイオス(Bio-Oss)、ピュロス(DBM Puros)などが骨代替材として使用され効果をあげています。

GBR法

Step1■Step1
ダッペングラスなどに顆粒を
移します。
Step2■Step2
患者様から採血した血液を
顆粒に適量加えます。
Step3■Step3
顆粒と血液を均一に混ぜます。
Step4■Step4
骨の量が不足した部位などに
適量を補填します。

2.GTR法(歯周組織再生誘導法)
GTR法(Guided・Tissue Regeneration technique)歯根の周囲の骨の吸収した部分位に骨の再生を促すために、テトロン製の薄い膜を使います。歯根の周りに穴が開いているような骨の吸収部位を膜でふたをして、膜の内側に骨の再生を期待します。使用する膜は吸収性膜と非吸収性膜がありますが、歯周病の病態も考慮して選択します。保険適用です。

Step1歯周炎になると結合組織が失われます。Step2メンブレンにより、新付着形成能のある歯根膜組織にスペースを提供します。Step3新付着には線維結合を伴う新生セメント質の形成が見られます。

GTR法組織再生用吸収メンブレンと非吸収メンブレン
歯周病によって失われた歯と歯の周りの組織の付着を再生させるという治療法です。吸収性と非吸収性の膜があります。

3.バイオリジェネレーション法(エムドゲインなどの薬剤を使用する方法です)
バイオリジェネレーション法エムドゲインの主成分は子どもの頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするたんぱく質の一種です。
これを歯周組織をきれいにした後、歯の根に塗ることにより歯の発生過程に似た環境を再現します。
この結果、歯や歯周組織を再生させます。

バイオリジェネレーション法の流れ
Step1Step1
歯肉の切開をします。
Step2Step2
歯肉を剥離します。
Step3Step3
局所麻酔後、切開、軟組織を剥離し歯根面の徹底清掃をします。
Step2Step4
清掃した歯根面にエムドゲインゲル溶液を塗布します。
Step3Step5
縫合します。

歯周組織再生療法の注意事項

歯周組織再生療法を行えば、必ず骨が回復するというわけではありません。
歯周病が進行して骨の大部分が溶けてしまっているような場合には歯周組織再生療法を行っても骨の回復が望めない場合があります。

歯周病予防について

【プラークコントロールが大事!】
プラークコントロールとは歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。プラークは歯周病の進行だけでなく口臭の原因になったり虫歯菌の増殖にも深く関わっています。プラークコントロールは歯を守るうえで大変重要な事です。

【歯磨きが大事!】歯磨きが大事
プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいので、効率の良い磨き方でなければいつまでもプラークがとれないだけでなく歯の表面を傷つけてしまいます。歯科医院で、皆様にあったブラッシング指導を受け、正しい知識で効率のよいブラッシングを覚えることにより、ご家庭でも十分な歯周病予防が可能です。

【3DS法】【DDS療法】3DS法
手術ができない場合、スケーラーでポケット内をきれいにしたあと、先の細いシリンジで抗菌剤(塩酸ミノサイクリン)を送り込みます。歯周病菌が住みついている部分に直接投与するので効果的です。薬は長い時間効果が持続する徐放能を持っています(商品名:ペリオクリン、ペリオフィール)。

歯ブラシの効果を高める手段として、3DS(スリーディーエス)という方法も登場してきました。自分の歯ならびに合ったトレーに薬剤を入れて少しの間、歯にはめこむ方法です。
アミーズ歯科クリニックアミーズ歯科クリニックアミーズ歯科クリニック

3D0療法S詳細ページへ

クリーニング(PMTC)について

北欧で開発されたPMTC「プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング」をお薦めします。歯のプロフェッショナルが自分ではなかなかとることができない茶渋やヤニなどの頑固な汚れや歯石を専用の器具で丁寧にクレンジングする方法です。PMTCの後は、歯全体のくすみがとれ、白くなります。さらにトリートメントすることによって、つるつるの歯になります。

毎日歯を磨いていても磨き残しや細かい部分はなかなか自分では磨けません。磨いているのと磨けているのは違います。これはおもに歯垢(プラーク・歯の表面に付着する白い塊のこと)で、細菌の塊です。これが歯と歯のすき間や歯のつけ根のところにたまり、歯茎が炎症をおこして、歯茎からの出血の原因となります。もちろん虫歯や口臭の原因でもあります。

歯垢を長時間付いたままにしておくと歯石(石のように固くなる)となり、歯の表面につきます。
これをそのままにしておくと歯周病などにかかる可能性も高くなります。歯周病は、動脈硬化や糖尿病などの病気と関係があったり、いろいろな全身の健康をそこないます。

このように、虫歯や口臭の原因となる歯石と歯周病の原因となる歯石を取り除くことで出血がなくなり、さらにお口の中の健康と体全体の健康を維持できるようにもなります。

患者様がしっかり歯磨きを頑張ってくださっていても、それだけではバイオフィルム(汚れの膜)を完全に取り除くことはできません。

毎日のセルフケアに加えて、このようなプロフェッショナルケアを継続的に行い、いつまでも若々しく白く輝く美しい笑顔でありたいという患者様をサポートしたいと思っております。

クリーニング(PMTC)の特徴

予防や治療はつらいというイメージをもつ方がいらっしゃるかもしれませんが、PMTCの特徴は「爽快感・快適さ」です。専用の器具を使用するので、痛みはありません。 また、PMTCにより虫歯や歯周病を予防することができるというのが重要な特徴です。

マタニティークリーニングについて

一般向けのクリーニングで使用する専用の器具を小さめのものに変えております。
ジェット水流 ジェットパウダーを吹き付ける作業はしません。
あとは通常のクリーニングと同じです。
そして、最後はフッ素をコーティングし、トリートメントケアを行います。
椅子の確度もクリーニングには難しい60度ぐらい角度をつけ、お腹を圧迫しないようにします。

クリスタルジェット

クリスタルジェット...着色・虫歯の多い方のクリーニング(PMTC)です。

STEP1STEP1
患者様の現在の歯の状態はさまざまです。1度では痛みが走り、しみたり、出血が多すぎたりする場合もありますので、1人1人にあった適切な方法をアドバイスしています。
クリーニング衛生士が
担当いたします

アミーズ歯科クリニック
STEP2STEP2
残っている歯垢、歯石を専用の器具を使って除去します。

アミーズ歯科クリニック
STEP3STEP3
ジェット水流、ジェットパウダー(重曹の入ったパウダー)で、普段落とせない歯面の汚れ(着色やくすみ)、歯茎の中の汚れ(細菌の塊)を落としていきます。表面に細かいパウダーを噴きつけるので、歯を削ることなく、機器では届かないところの汚れも取れます。

アミーズ歯科クリニック
STEP4STEP4
デンタルフロス(糸)を使って、歯と歯の間に残っているプラークを落とします。

アミーズ歯科クリニック
STEP5STEP5
専用のブラシ、ラバーカップに専用のペーストをつけ磨いていきます。 表面がパールの輝きになります。

アミーズ歯科クリニック
オプション
さらにオプションとして、患者様一人一人に合わせて、フッ素、シュパーブ(トリートメント)、ガムマッサージをセレクトしていきます。クリーニングがいっそう効果的になります。

大人のためのフッ素コーティングA.大人のためのフッ素コーティング
歯磨き剤に入っているフッ素(フッ化ナトリウム)よりさらに濃度の高い酸性フッ素で歯質を強くします。

シュパーブB.トリートメント
研磨しただけでは歯の表面に傷がついた状態です。
アパタイトリナメル(ナノアパタイト粒子入りペースト)を塗布し、歯の表面についたミクロの傷を修復しコーティングしていきます。
表面の傷が埋まり、着色がつきにくくなります。

ガムマッサージC.ガムマッサージ
当院では心地よさを全身で感じていただくために歯肉マッサージを行なっています。肩や首などをマッサージするように、歯肉もマッサージしてあげることにより、歯肉が引きしまり、血行がよくなりきれいなピンク色になります。身も心もリラックスしてもらうためのオプションです。 「歯茎って、こんなに凝っているものなのですね。お口が軽くなった感じがします。」
こんなコメントを頂いております。