Q.どのような方法で?

A.answer


当クリニックでは、まず初めに噛み合わせに問題があるとみられた場合、数十ミクロンという単位で噛み合わせのバランスを整えていきます。

天然歯は、年月の間に「咬耗」といって自然に削れていく物です。歯の表面のエナメル質は約1500~2000ミクロンの厚みがあるのですが、噛み合わせ治療は数10ミクロンの研磨が基本です。虫歯治療で「削る」場合は300ミクロン程度、この10分の1の微小調整で噛み合わせのバランスを整える事が可能となります。

このような治療方法をオーラル・バランシング・セラピーといいます。