Q.ホワイトニングは痛くないですか?

A.answer

最新のホワイトニング剤は、ほとんど痛みがありません。ただし、エナメル質が薄い場合や歯の根元が見えている場合には知覚過敏が生じることがあります。

症状が出ても24時間経てばなくなります。事前の診査で、もしそのような部位があればしっかりお知らせしていきます。

歯のホワイトニングとは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。 そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水症になります。

この状態が「疼痛感」となります。

この脱水症状は過酸化水素の化学分解によるものですので、ほとんど避けることはできません。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人、小さい人によっても全く異なります。 ですから、人によって疼痛感は異なります。これは全く歯に影響がありませんので安心してください。

一般的にホワイトニング効果と「疼痛感」は比例していますが、当クリニックでは現在、細菌のホワイトニング剤を導入しておりますので過去のホワイトニング剤にあった疼痛感はほとんどありません。また、唾液に潤され水分が歯に戻れば回復いたしますのでご安心下さい。