Q.審美治療の種類を教えて下さい

A.answer

当クリニックで行っているのはこちらになります。

オールセラミック(ジルコニア)
白い金属といわれるジルコニアは、高強度・耐久性・耐腐食性・生体親和性など、過酷な状況下での口腔内に最適な高強度型セラミックです。体にとてもよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の材料として注目を集めています。金属を内面に使っていない陶材100%の物なので、透明感があり、ごく自然な色調が得られます。特に金属アレルギーの方や、歯茎の黒ずみが気になる方にお勧めです。

e-MAX(ジルコニア)
ジルコニアと並んで注目されている人気の高い素材です。
「empress max」「エンプレス・マックス」の意を持つシステムです。被せもの全体がガラス(ニケイ酸リチウムガラスセラミック)を主成分にしたセラミックでできているもので、とても透明感のが高く色調もきれいです。本来の天然歯と同じか、それ以上の色調・形態を再現します。 金属を使用しないため金属アレルギーの心配はいりません。

セルコンZ冠
「セルコンZ冠」とは新素材「セルコンht」と先端デジタル技術で作製する体にやさしいフルクラウン&ブリッジです。色調が3色からと決まっているので低価格になります。土台を使用しない素材の為、天然歯を削る量が少ない治療ですみます。 また金属と同等の強度なので、丈夫で長持ちで、奥歯の治療にも適しています。

ダイレクトクラウン
ダイレクトクラウンとは、即日完了できるハイブリットセラミックです。
金属を一切使用していない体に優しい素材でできています。

ハイブリットセラミック
ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた材料で、クラウン(被せ物)やインレー(詰め物)に使用されます。

色調はオールセラミックには及びませんが、天然の歯に近く、硬さも歯と同程度なので噛み心地に違和感がありません。

オールセラミックに比べて耐久性が少し劣り、時間が経つと多少変色が見られます。

保険適用外の方法ですが、オールセラミックよりも低価格で治療することができます。内面に使用する金属には、金主体の物と金とその他の金属との合金の物がありますが、金の含有量が多い金属を使用するほど体に対する異害作用は少なくなります。

ラミネートベニア
歯の色が先天的に変色している場合、クリーニング・ホワイトニングでは歯の白さに満足しない場合歯並びを改善したい場合の治療方法がラミネートベニアです。

治療方法は、歯の表面のエナメル質を0.4~1.0mm程度削り、セラミックを薄く付け爪の様にした物を張り付けます。被せる方法に較べ、削る歯の量は最小限で済みます。歯の根(神経)の治療がなければ、2~3回の通院で済みます。