プラセンタ療法

プラセンタ療法とはアミーズ歯科クリニック
『プラセンタ』とは英語で『胎盤』という意味で、母親の体内で胎児と母体をつなぎ、胎児を育てる臓器のことをいいます。この胎盤の有効成分を治療に用いる療法の総称を『プラセンタ療法』といいます。歯科治療では、ガムマッサージやサプリメントとして利用しています。
しかし胎盤そのものを利用するわけではありません。胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や他の栄養素を抽出したものを利用するのです。

ではなぜプラセンタが注目されているのでしょうか。
胎盤はもともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めて作られる臓器であり、役目を終えると母体外に排出されます。受精卵は、わずか10カ月で重さ3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育んでいるのがプラセンタなのです。プラセンタの薬効は世界中で古くから注目され、とくに滋養強壮や若返りの薬として珍重されており、漢方薬などにも配合されてきました。