顎関節症

◆顎関節症とは
顎関節症とは『顎関節症』とは、顎関節周辺に何らかの異常がある慢性的な疾患のことをいいます。口を開けると、顎が痛かったり、「ポキッ」と音が鳴ったりする場合には顎関節症の可能性があります。
顎関節は両耳の前の部分に1つずつ、計2つあります。 口を開けるとき回転しながら前へ滑り出し、開け閉めにともなって左右の関節が同時に動くので、耳の前を触ると顎関節の場所がはっきりとわかるでしょう。
歯と顎の関節は同じ骨の中にあるため、噛み合わせがこれらの動きに大きく影響します。噛み合わせと顎関節のバランスが悪いと、顎関節だけではなく顔の筋肉にも悪影響を及ぼし、顎関節症が起こりやすくなってしまいます。

◆顎関節症の症状と原因
顎関節症になると、口を開けたり物を食べたりすると顎が痛い、顎を動かすと音が鳴る、口が開きにくい、開かないなどといった症状が見られます。場合によっては、頭痛、肩や首のこり、耳鳴り、などの全身的な症状も見られます。
顎関節症の原因には中枢神経性、遺伝的脆弱疾患、習慣性因子、精神的因子(ストレス)などがあり、発症の多くはいくつかの原因が複合しているといわれています。上下の噛み合わせが悪い場合は、下の顎が前・後や横・斜めにずれることにあります。下顎は頭から筋肉やじん帯で吊られた構造になっています。噛み合わせがずれている場合、重い頭を支えている肩、首、筋肉に負担がかかり、バランスが崩れ全身的な症状となって表れます。
このように、噛み合わせからくる顎関節症は全身の筋肉のバランスに関わってくる重要な要素になっています。

◆顎関節症治療で行われる検査
顎関節症の痛みや発症の原因には個人差があります。それぞれの症状に応じて、薬物療法、スプリント療法(マウスピース状のものを装着する方法)、矯正治療(矯正装置を使用する方法)などの治療を行ないます。
まずあらゆる角度から様々な検査をして、患者様にあった治療計画をたてます。
検査では、主に、視診、触診、顎運動検査、顎関節部の画像診断(エックス線撮影法、エックス線CTなど) を行います。