【再生療法】顎の骨が薄い方・骨造成法

インプラントをするには骨が足らず、あきらめていた方は是非当院にご相談ください。骨が少ない方でも、骨造成の処置をすることにより、インプラント治療ができる場合もあります。
骨造成の方法は、部位によりサイナスリフト、GBR法、ソケットリフトなどがあります。骨造成の手術は、症例によりインプラントと同時に行う場合もあります。
当クリニックでは、GBR法、ソケットリフトを行っております。

GBR法(骨再生誘導法)
骨の厚さが足りない場合に行います。骨が不足している部分に、自家骨または骨補填材を置いて、その上をメンブレンという膜で覆います。4~6ヶ月(個人差があります)で歯槽骨が再生され、インプラントが埋入できるようになります。

1.抜歯した穴が大きい場合、このままではインプラントを入れることが難しい状態です。

アミーズ歯科クリニック2.骨を再生させるために、穴の中に骨補填材を入れます。骨補填材は、自家骨または、人工骨を使用します。

アミーズ歯科クリニック3.その上をメンブレンという保護膜で覆い、歯肉を縫います。
(※メンブレンを使用しない場合もあります。)

アミーズ歯科クリニック4.2~6ヶ月(個人差があります)後、骨が再生されたらインプラントを埋入することができます。状況によっては、インプラント埋入と同時に行うこともあります。

ソケットリフト
ソケットリフト法とは、上顎の骨の再生手術の一つです。インプラントを埋め込む箇所の上顎骨の厚みが5mmに満たない場合にソケットリフト法を用います。
ソケットリフト法は、専用の器具で上顎洞底部を持ち上げ、出来た隙間にボーングラフト(自家骨や骨補填剤などで骨移植)を行い、不足した骨を補います。
十分な骨量になったらインプラント埋入します。

アミーズ歯科クリニック1.上顎骨が薄い部分を専用の器具(オステオトーム)であけて上顎洞と歯槽骨の間にあるシュナイダー膜を持ち上げます。

アミーズ歯科クリニック2.持ち上げた隙間にインプラント埋入を可能にすべく骨量を増やすためボーングラフトを行います。

アミーズ歯科クリニック3.インプラント埋入に十分な骨量に至るまでボーングラフトが行われたらインプラントの埋入をします。

このように顎の骨が薄い方でも対応できるようになりました。