歯周病予防について

【プラークコントロールが大事!】
プラークコントロールとは歯や歯茎に付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。プラークは歯周病の進行だけでなく口臭の原因になったり虫歯菌の増殖にも深く関わっています。プラークコントロールは歯を守るうえで大変重要な事です。

【歯磨きが大事!】歯磨きが大事
プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいので、効率の良い磨き方でなければいつまでもプラークがとれないだけでなく歯の表面を傷つけてしまいます。歯科医院で、皆様にあったブラッシング指導を受け、正しい知識で効率のよいブラッシングを覚えることにより、ご家庭でも十分な歯周病予防が可能です。

【3DS法】【DDS療法】3DS法
手術ができない場合、スケーラーでポケット内をきれいにしたあと、先の細いシリンジで抗菌剤(塩酸ミノサイクリン)を送り込みます。歯周病菌が住みついている部分に直接投与するので効果的です。薬は長い時間効果が持続する徐放能を持っています(商品名:ペリオクリン、ペリオフィール)。

歯ブラシの効果を高める手段として、3DS(スリーディーエス)という方法も登場してきました。自分の歯ならびに合ったトレーに薬剤を入れて少しの間、歯にはめこむ方法です。
アミーズ歯科クリニックアミーズ歯科クリニックアミーズ歯科クリニック

3D0療法S詳細ページへ