バイオフィルムとは

アミーズ歯科クリニックバイオフィルムとは、硬い物質と液体との境界に、微生物が層状の巣を作っている状態のことをいいます。歯も硬い物質で、唾液という液体におおわれていますので、その表面にバイオフィルムができやすいのです。一般的によく言われるプラークとは歯のバイオフィルムなのです。

バイオフィルム=プラークは、歯周病菌や虫歯菌をはじめとするさまざまな微生物が強固にくっつきあってできた巣です。歯周病の予防や治療のためには、このバイオフィルムを確実に取り除くことが必要ですが、バイオフィルムは菌をやっつける薬(抗菌剤、界面活性剤など)に対して抵抗性を持つため、薬だけでバイオフィルムのなかに住みついている微生物を完全に死滅させることは望めません。歯周病の治療では、薬は効果を高める手段として使われます。

本来は、バイオフィルムを取り除くために最も有効なのは、やはり歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどによる歯磨きです。歯ブラシでプラークをかきだすことによって、バイオフィルムを破壊・除去することができます。歯周病の予防、治療には、バイオフィルムを確実に取り除ける歯磨きが一番重要なのです。