矯正治療を開始する目安について

一般的に、矯正歯科は早く始めるほど、歯の萌出や骨格の成長に合わせて理想的な治療結果を得ることができます。治療を遅く始めるほど、患者様の骨や骨格に合わせた範囲での治療しかできなくなります。
そこに、早期治療と後期治療に分けた二期分割治療の意味があります。

矯正治療を開始する目安について

子供の矯正(第一期治療 6~9歳頃の混合歯列期)
【メリット】
・噛み合わせを悪くする因子の排除・抑制
・永久歯が並ぶための場所を確保
・骨の成長をできる限り正常な状態に誘導する

第一期治療だけで矯正治療(永久歯の噛み合わせや口元の審美性)が完了するわけではありません。
※条件が良ければ、第二期治療が必要でない方もいらっしゃいます。

子供の矯正(第二期治療 10歳頃の永久歯列期)
早期治療により、骨格や歯並びのかなりの部分は改善されているはずですが、正しい噛み合わせが得られているとは限りません。すべての歯を正しい噛み合わせにします。

大人の矯正(成人矯正)
正しい噛み合わせは見た目だけでなく、体の健康にもつながります。最近は矯正器具の進歩によあり、目立たない矯正器具の開発も進んでいます。1人1人のライフスタイルを考え、最適な治療のご提案をしていきます。治療には年齢制限はありませんので、どなたでもお気軽にご相談ください。