インビザライン(ワイヤーを使用しない矯正歯科)

当院では見えない矯正装置での治療、インビザラインをおすすめしております。

インビザラインとは
インビザラインとはこれまで矯正治療で個々の歯を動かす際に用いられてきた装置はマルチブラケット装置が一般的でした。
この方法は、それぞれの歯の頬側、または舌側にブラケット、もしくはブレースと呼ばれる矯正用ワイヤーを通すための装置を直接接着し、そこにワイヤーを通すことでワイヤーの弾力性を利用して歯を動かしたり、ワイヤー上で歯をスライドさせるように動かしたりすることで歯並びを整えていく方法です。

この方法は、確実に歯を動かすことができるというメリットがある反面、

・見栄えが悪い
・歯磨きが大変
・装置が唇の内側や頬の粘膜にあたって傷が出来たり、痛みがある

というデメリットもあります。

インビザラインとはこのことを背景にこれまで、マルチブラケット装置に替わる目立たない取り外しのできるマウスピース型矯正装置のアイデアが多く考案されてきましたが、アメリカのアライン・テクノロジー社が【クリンチェック】という3次元的に矯正治療での歯の動きをシミュレートすることができるソフトと独自の光造型技術を組み合わせた全く新しいマウスピース型矯正治療法「インビザライン」を開発し、1997年にアメリカ、2001年にヨーロッパで販売を開始しました。
瞬く間にこの治療法が広まり、日本においても2008年に薬事法上の許認可を取得」しました。

コンピューターCAD/CAM(光造形)技術による治療計画に基づき患者様一人ひとりの為に 作成させるカスタムオーダーの取り外しの出来る矯正装置を2週間毎に交換しながら治療完了まで装着し続けます。

違い1違い1
3次元シミュレーションソフト【クリンチェック】による正確で理にかなった矯正治療全体の歯の動きを立案できる。

違い2違い2
【クリンチェック】で立案した歯の動きを光造型技術で正確にマウスピース型上に再現される。