治療の流れ

初診相談治療の流れ
1回目の歯型を取ります。

アミーズ歯科クリニック
検査治療の流れ
虫歯の治療の必要性や、マウスピースの装着が可能であるかを検査します。

アミーズ歯科クリニック
診断治療の流れ
すぐに矯正が可能であれば写真撮影を行い、次回により精密な歯型をとるためにクリーニングをします。

アミーズ歯科クリニック
型取り治療の流れ
装置作製のための精巧な型取りをします。
歯型を米国に送り、米国にて3Dデジタル歯型の作製をします。

アミーズ歯科クリニック
クリンチェック治療の流れ
コンピューター上の3D(3次元)画像で米国から届いた治療計画のシミュレーションを確認していただきます。
数か月~数年後に最終的な歯並びの改善を確認することができます。
これでOKの場合

アミーズ歯科クリニック
インビザライン装置
必要があれば、アタッチメントの装置、IPRなどを行います。
通常、2か月に一度の来院ですみます(6~8週)
1回の治療は30分程度ですが、IPRが入れば長くなり、チェックだけの場合はもっと早く終了します。

治療の流れ
インビザライン装着前
治療の流れ
インビザライン装着後

アミーズ歯科クリニック
完成
歯に着けていたアタッチメントなどをすべて外していきます。
上の写真の患者様ですが、1年半でここまで改善されました。
invisa_pic21c.jpg


その後、保定期間に入ります。

リファイメント(細かい微調整の治療)IMG_5644.jpg
細かい調整が必要なケースもあります。
そのような場合は、アライナーを再製作するために、再度型取りから行うこともあります。


ケースリファイメント①臼歯部の開咬
インビザライン治療修了直後は、アライナーの厚みも咬合力の影響により臼歯部の開咬がみられることがあります。その場合はもう一度型を取り、間隙を埋めるか最終アライナーの臼歯部の上下どちらか一方を切除して2カ月その状態で使用します。

治療の流れ
歯軸を修正していきます。
アミーズ歯科クリニック
治療の流れ
治療の流れ
このすき間をうめていきます。
アミーズ歯科クリニック
治療の流れ

ケースリファイメント②歯の挺出不足によるエアースペースの発生
アライナーに歯が合っていない場合、歯の頬側面または舌側面にボタンを装着して、その対側面のアライナーに切り込みをいれその間でエラスティックゴムをかけて歯を移動させます。

治療の流れ治療の流れ

ケースによってリファイメントの仕様も異なってきます。
アミーズ歯科クリニック
保定治療の流れ
①一般保定
インビザライン・アライナーと同じ最先端技術を用いて作製される保定装置です。最終的な咬合を安定させるために使用します。

②ビベラ・リテーナー
3セット(両顎で1セット)での製作になり、3セット一度にお渡しいたします。インビザライン治療を受けられていない患者様に対しても製作することができます。また、リンガルボタンを使用した場合の作製も可能です。
アミーズ歯科クリニック
保定期間終了
3~4ヵ月に1度の来院いただきます。