金属を使っていない義歯(ノンクラスプデンチャー・エステティックデンチャー)

ノンクラスプデンチャー・エステティックデンチャー入れ歯の針金が審美的に問題があるという方、インプラントは抵抗のある方、インプラントの上部構造で噛めるようになる前でも綺麗でいたいという方におすすめです。

金属を一切使わない部分入れ歯で素材は柔らかく少々曲げても割れることはありません。歯茎と同じピンク色なので装着していても目立ちません。特に一時的にきれいでいたい方におすすめです。

ただすべての部位の部分入れ歯に使用できるわけではなく、その症例は限られていますし、その素材の関係からだいたい2~3年ぐらいしかもちません。そのため新しく作り直す必要があります。

大きくわけて日本で取り扱っているノンクラスプデンチャーの素材にはポリアミド(ナイロン)、ポリエステル、ポリカーボネート、ポリプロピレンの4種類があります。 それぞれ特徴があり、当クリニックではその中の3種類を厳選して使用しております

名称 エステショット ルシトーンFRS バルブラスト
特徴 チェアサイドにて即重レンジでの修理が可能です 信頼性の高いナイロン系の材料で安全性と審美性に優れています 柔軟性が高い為、破損の恐れがほとんどありません
素材 ポリエステル系 ナイロン系(ポリアミド)
高度 硬:2000Mpa アミーズ歯科クリニック 柔:1000Mpa

ポリエステル系ポリエステル系
ポリアミドよりは硬い材料、入れ歯を修理する材料(常温重合レジン)にくっつくため、クリニックでの修理が可能です。ノンクラスプデンチャーの中では適合精度が優れる材料です。
やや硬いため、咬む力を歯肉に伝えやすい利点があります。表面が傷つきにくく、劣化してにくい利点もあります。新しく開発された材料のため、現在のところエステショットのみに使用されています。

<特徴>
新しい材料、適合精度に優れる、調整・修理がしやすい

ナイロン系(ポリアミド)ナイロン系
ノンクラスプデンチャーの中でも特に柔らかく壊れにくい材料です。痛みが出にくく装着感に優れます。その反面、柔らかいため咬む力を伝える能力が落ちる欠点があります。 入れ歯の調整や修理がしにくく、修理する材料にくっつかないためその場での修理ができません。

<特徴>
最も普及。柔らかく、壊れにくい。装着感に優れる。調整・修理がしにくい。 奥歯など、欠損している所に有効です。

ノンクラスプデンチャーの長所、短所
長所としては
・見た目が入れ歯を装着しているかどうかわからないため、審美的に非常に有効です
・軽く、柔らかいので違和感が少なくなります
・落としても割れることがありません。少々力を入れて磨いても壊れることが少ないです
・金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません
・金属を使用していないので締め付けられる感じがありません
・金属のバネをかけないので残っている歯に負担をかけません
・奥歯などの2~3本の少数の歯が欠損されている方におすすめです

短所としては
・素材の寿命が短いということです
・2~3年程で新しいものを作り直すか、修理した方がいいです
・ほとんどございませんが、それまでの間壊れてしまった場合修理する方法がほとんどないのが実情です
・入れられないケースもあり、私がしっかりと判断していきます
・定期的に作り直す必要があります

このノンクラスプデンチャーの寿命は短いですが、患者様の顎の状態も1年1年変わっていきますので、それまでの間、いかに美しく、快適に使うかがキーポイントになるかと思います。

ノンクラスプデンチャー