ラミネートベニア

ラミネートベニアラミネートべニアとは、歯の表面だけ(歯の表面のエナメル質を0.4~1.0mm程度)を削り、貝殻状のセラミック(つけ爪のようなもの)を接着する治療方法です。セラミッククラウンを被せる方法に比べ、天然歯を削る量が少なく、治療期間も短く、治療費も抑えられます。歯と歯のすき間をなくしたい方や、ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった方におすすめです。咬合に問題がある方、歯並びが著しく悪い方などには、適応しない場合があります。
IMG_0711.PNG