Q.ヒアルロン酸ってなに?

A.answer

ヒアルロン酸は元々、人体に存在する細胞外気質の多糖類です。特に皮膚、関節、眼球などに多く含まれていてたった1gのヒアルロン酸で6Lの水を含むことができます。保水力にとても優れていてお肌のハリや弾力を保っています。

若いうちは体内ヒアルロン酸量も豊富なだけでなくコラーゲンやエラスチンといった物質も豊富でみずみずしくハリ・ツヤのある肌を維持しています。

しかし加齢と共に体内のヒアルロン酸を作る能力は衰えて、徐々に減少してしまいます。ヒアルロン酸が減ると肌のハリが失われ、しわやたるみの原因になります。

そこで活性ヒアルロン酸という体内に元々備わっているヒアルロ酸を気になるしわやたるみ、凹みなどに注射してハリを出したり、しわを改善するのがヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸はよく基礎化粧品に含まれていることがありますが、化粧品に配合されているヒアルロン酸は皮膚からは吸収されません。 高い保水力によって皮膚表面の潤いを保っているのです。

Q.どのような効果がありますか?

A.answer

活性ヒアルロン酸の注入で期待できる効果とは、シワの改善だけでなく水分補給、皮膚のハリ、ツヤの改善、顔色の改善、皮膚弾力の強化、若々しい滑らかな肌、細胞交換、細胞活動の増加、皮膚機能強化、コラーゲン、エラスチンと内在ヒアルロン酸との相互作用による細胞の活性化の期待もできます。

Q.注射用ヒアルロン酸にはどんな種類がありますか?

A.answer

大きく分けて関節治療用と美容医療用があります。大きな違いは吸収速度です。

関節治療用ヒアルロン酸は関節痛の治療などに使用される製剤で、長い歴史があり安全性が確立されています。そぐに吸収されて効果がなくなってしまうことが欠点です。

美容医療用ヒアルロン酸は安全性はそのままに、分子同士を架橋させたり自己のコラーゲンなどを増殖させる成分をプラスするなどして、効果が長く持続するようにされています。

分子の大きさや架橋の有無などで様々な製品があり、アミーズ歯科クリニックでは何種類かのヒアルロン酸製剤をご用意しています。使用する製剤は肌やシワの状態、ご本人の生活スタイルなどに合わせて使い分けさせていただいております。

Q.どんな種類のヒアルロン酸を扱っていますか?

A.answer

当クリニックでは、

IAL-SYSTEM ACP
イタリアの世界シェア3位を誇るヒアルロン酸メーカーです。50年以上の経験と全世界3000万人の治療実績でその信頼性を証明している最新のヒアルロン酸です。

X-HA
フランス製のヒアルロン酸メーカーです。後発ながらも他社製品をグローバルに研究して開発された美容業界では一時期話題を独占した完成度の高いヒアルロン酸です。欧米各国では患者様からの指名のあるトップブランドとして定着しています。

TEOSYAL PureSense
スイス製のヒアルロン酸メーカーです。主に刺入箇所が2か所だけのカニューレ法に用います。皮内注入法とメソセラピーの中間に位置する新たな治療コンセプトです。理想的な濃度のヒアルロン酸に加え低刺激で医薬品グレードの8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種類のミネラルおよび1種類のビタミンによる複合成分を加えた広範囲の皮膚再構成に対する効果が望めるマテリアルです。さらに、リドカインが入っているので治療(注入)時の痛みを軽減します。

Q.ヒアルロン酸注射でたるみはなくなりますか?

A.answer

ホウレイ線や目の下のたるみに伴うクマをヒアルロン酸で目立たなくすると、リフトアップしたように表情が明るくなります。

またヒアルロン酸をお顔の広い範囲に注入する水光注射(ダーマペン)を定期的に行うことで、たるみを予防する効果があります。

ブルドック状にたるんでしまった頬には、ヒアルロン酸はあまり効果がありませんが、こういったたるみには、ボトックスなど他の治療が効果的です。

Q.ヒアルロン酸注射は何から作られていますか?

A.answer

化粧品に配合されているヒアルロン酸は、にわとりのトサカから作られることが多いですが、注入用のヒアルロン酸はバイオ技術で精製された非動物由来製剤で感染の心配がなく安心です。

Q.ヒアルロン酸注射は痛いですか?

A.answer

当クリニックでは、治療部位にオリジナル麻酔クリームを使います。

通常の医療用麻酔クリームは2%程度ですが、オリジナル麻酔クリームは18%と濃度が高くなっていて敏感肌の方にもお使い頂けます。

また注入時に、使用する針は製剤によって変えますが、最も細い針を使い痛みを最小限に抑えています。

Q.値段がクリニックによって違うのはどうしてですか?

A.answer

ヒアルロン酸注射は健康保険の適用にならず、決められた料金設定はありません。それぞれのクリニックが見合った料金を設定するため医療施設によって値段が異なります。

当クリニックでは、世界的に品質の認められた製剤だけを使用しいわゆる安く仕入れられる製剤は扱っておりません。

最良の製剤を使い、施術の満足感と、料金の満足感を持っていただけるような歯科オリジナルのシステムとなっております。

Q.一度ヒアルロン酸を注射したらその後ずっと注入し続けなければいけませんか?

A.answer

もちろん一回でお止めになっても問題ありませんが、また元に戻ってしまいます。レベルの高い美しさを維持させるためには定期的な注入を繰り返した方がいいと思います。

ヒアルロン酸を定期的に注入することは見た目を整えるだけでなくご自身の肌状態を若々しく保つために効果的であることがわかってきています。

ヒアルロン酸自体は徐々に吸収されて約1年後には完全に分解されてしまいますが、注入されたヒアルロン酸の周りで、自己のコラーゲンが増殖することが最近の研究で証明されました。

何もしなかった1年後よりも、ヒアルロン酸を注入していた1年後の方が若々しい肌の状態を保つことができるのはそのためです。

Q.ヒアルロン酸は繰り返し注射しても害はないですか?

A.answer

体に害はありません。よりお肌が潤ってきます。

Q.治療後に気を付けることはありますか?

A.answer

ヒアルロン酸を注入した後は、通常の日常生活を送ることができます。

お化粧も治療後すぐにでき、入浴、運動、飲酒も問題ありません。

副作用はありますか?

A.answer

ヒアルロン酸の副作用といえば、針を使用するため内出血を起こす可能性があるくらいです。

技術の向上・極細針の使用によりある程度、内出血が起こることは少なくなりましたが、内出血が起きやすい体質の方もいらっしゃいますので、初めての方は1~2週間程度大切な御用のない時を選んだほうがいいかと思います。

Q.ヒアルロン酸を注入した後、次はいつ追加注入できますか?

A.answer

ヒアルロン酸はいつでも追加注入することができます。周りに気づかれないように少しずつ注入することもできます。症状が気になった時が注入時です。

Q.もっとひどくなってから治療したほうがいいのでは?

A.answer

ヒアルロン酸・ボトックス・レーザーなどの治療は症状を改善するだけでなく、しわやたるみがひどくならないようにする老化予防の働きがあります。

症状がひどくなる前に始められた方が少しの施術で改善されますので、一層良い状態に保つことができます。

Q.ヒアルロン酸の効果がどれくらいですか?

A.answer

自分の体の中で作られた自己ヒアルロン酸は2~3週間程度で代謝されてしまいます。絶え間なく、新たなヒアルロン酸が作られて体内のヒアルロン酸量をキープしています。

一方、注射用ヒアルロン酸は製剤の種類や、注入技術、個人差、注入量で差はありますが約1年ぐらい効果が持続します。

これは注入されたヒアルロン酸の吸収を遅くして効果が長く持つように分子と分子の間に人工的な架橋を作るなど、最新技術で特殊処理されているからです。

Q.飲むヒアルロン酸は効果がありますか?

A.answer

口から摂ったヒアルロン酸は体内で細かく分解されてから吸収され、その一部はヒアルロン酸をを作る材料になります。

そのまま、肌のヒアルロン酸になるわけではありません。ヒアルロン酸をいくら飲んでも、すぐにお肌のヒアルロン酸を増やすことは難しいと言えます。

Q.塗るヒアルロン酸は効果がありますか?

ヒアルロン酸は非常に分子が大きくて、肌の上に塗っても肌のバリア機能にガードされて肌の奥に浸透しません。

しかしながら、ヒアルロン酸は保湿機能に優れているため保湿効果が期待できます。