歯科用顕微鏡を用いた精密治療

私たちの診療には、最新鋭の歯科用顕微鏡が欠かせません。

アミーズ歯科クリニックお口の中は暗く、歯やその周辺組織はとても小さいため、治療に際して精巧な技術を必要とします。そのため、従来は細かく複雑な治療をするときに歯科医の感覚や勘に頼る部分があり、完全な成果をあげられるとは限りませんでした。

しかし最近ではその性能の高さを治療に活かすため、歯科用顕微鏡を導入する歯科医院が増えています。当院でも、より高精度な治療を提供できるよう、最新鋭の『ライカ』(Leica)の歯科用顕微鏡を導入しています。

最大40倍の拡大視野とLEDの明るい照明
歯科治療は0.1ミリ単位での精度を求められるので、肉眼での治療が不可能な場合もあります。拡大鏡(拡大視野3倍)を使用しても、見られる範囲は限られてしまいます。しかし、ライカの歯科用顕微鏡を使用することで拡大視野は最大40倍にもなり、より精密な診断や治療が可能になります。
さらにLED照明を採用しているため、従来のハロゲンライトよりも明るく鮮明に治療対象を見ることができます。

●歯科用顕微鏡を使用するメリット
アミーズ歯科クリニック・肉眼での確認ができない虫歯の早期発見・治療ができる
・虫歯は患部を最小限に切削するだけで済み、精密な詰め物を作製することができる
・被せ物は辺縁の形成が正確にでき、歯肉との境界が鮮明になる
・歯石の発見など歯周病治療に役立つ
・手術時の切開を最小限に抑えられるため、術後の感染、痛み、腫れを大幅に減少できる
・根管治療を行う際、根の中まで鮮明に見えるので、神経や感染源を確実に除去できる
・不明だった痛みの原因の発見・治療ができる
・髪の毛より細い縫合糸が使用できるため、傷跡が目立たずきれいに治る

内蔵型HDカメラで安心・安全な治療を提供
ハイビジョン撮影が可能なカメラが標準で内蔵されているため、静止画だけではなく動画の撮影も可能です。記録したファイルはすぐに確認・保存できるので、患者様ご自身にお口の中の状況を見ていただきながら、治療部位や治療方法を説明することが可能となります。
つまり、患者様に安心、納得していただいたうえで、精密な治療を受けていただくことができるのです。

歯科用顕微鏡を使用して行う主な治療とその特徴
●虫歯治療アミーズ歯科クリニック
患部のみ最小限の切削で済みます。
また患部に詰め物を詰める際にも、肉眼では気づかないわずかな段差を逃すことなく確実にふさぐことができるので、治療部位の虫歯の再発予防になります。

●根管治療アミーズ歯科クリニック
三次元的に絡み合う歯の神経は、平面的なレントゲンでは正確に診断できません。
歯根の形態に、根先病巣の形成、つめた後の状況なども正確に把握できるため治療の精度や予後に大きな差が出てきます。

●インプラント治療アミーズ歯科クリニック
外科的侵襲の大きかったサイナスリフト(上顎洞底挙上術)が最低限の侵襲で行えるため、術後の腫れや痛みが抑えられ、傷口がより早く治るなどのメリットがあります。とくに審美性が重要視される前歯のインプラント治療においては、歯科用顕微鏡の使用はとても有効です。

●審美治療アミーズ歯科クリニック
的確で精密な審美歯科治療を達成するためには、美しさとともに30~40ミクロン以下の高い精度が求められます。肉眼のみで行っていた従来の歯科治療では精度に限界がありましたが、数ミクロン単位での高精度の審美治療が可能になりました。
当院では、このLeicaの歯科用顕微鏡の機能を駆使することにより、最善の治療方法の提案と、安心・安全な最先端の治療の提供が可能となりました

●歯の破折アミーズ歯科クリニック
歯の割れた方向によっては今までのレントゲンでは全く診断が不可能だったケースでも、立体的な画像で正確に診断が可能になる場合があり、治療の迅速化、効率化につながります。

●歯根端切除術ph_point06.jpg
歯根端切除術を行い、根尖部に残っていたファイルを除去いたしました。